「LOL」レーン戦で勝つために重要な5つのこと

f:id:deepeequepee:20170710152911p:plain

レーン戦に勝てない人に向けての記事。今回紹介するのは基本的な5つのことだが、参考にして一度考え直してみると、レーン戦に勝つためのヒントに繋がるかもしれない。

1. チャンピオンの知識をつける

まずお互いのチャンピオンのスキルやAAの射程を知っておくこと。これによって後述のダメージ交換において有利を取りやすくなる。

それに加えて、お互いのチャンピオンが何レベルまたはビルドが何個揃った時点でパワースパイクを迎えるのか、どのタイミングで有利、または不利なマッチアップなのかを知ることも重要だ。

2. 有利なダメージ交換をする

レーン戦で勝つためには1番重要と言える。ダメージ交換を有利に進めるためには、相手のスキルを避けながらAAやスキルで返すことと、ミニオンの攻撃を受けないことに気をつける。

ダメージ交換をして体力の有利を作ることができれば、その後のレーン戦をスムーズに進められるのはもちろん、周辺への寄りやRoamにも繋げられる。逆に敵プレイヤーは大きなプレッシャーを感じながらプレイすることになる。

3. 相手より早くウェーブクリアする

ミニオンを相手のタワー下に押し付けることで、相手はスキルやAAをミニオンに使わざるを得ない状況になる。一方こちらのスキルは相手チャンピオンに対して使用できるので、体力の有利を作りやすくなる。

また相手よりも早く周辺への寄りやRoamを行うことができ、相手はそれに対しての反応が遅れる。『LOL』において先手を打てることはかなりの強みとなるので、できるだけ意識したいポイントだ。

4. 適切なタイミングでRecallする

相手がデスしたりリコールした後に素早くミニオンを相手タワー下まで押し込んでからRecallするのが理想。これによって相手は経験値とCSをロストすることになる。

しかし、必ずしも理想の状態でRecallできるわけではない。理由が何であろうと、体力やマナが削られた状態で無理をして押し切ろうとするのは非常にリスクが高い。このタイミングでGankを受けてしまったり対面に仕掛けられてデスするよりは、自分にとって悪い状況でもRecallした方がいい。

5. ジャングラーの位置に気をつける

レーン戦で前に出てアグレッシブにプレイするほど、敵JunglerからのGankや他レーナーからのRoamを受けやすい。敵JunglerがTop/Botのどちら側にいるのか把握することと、トリンケットを有効に使用することで避けよう。

また、敵だけでなく味方JunglerやSupportの位置も気をつけて確認することで、戦闘が起こった際に早く寄れたりとメリットが多い。

最後に

  1. チャンピオンの知識をつける
  2. 有利なダメージ交換をする
  3. 相手よりも早くウェーブクリアする
  4. 適切なタイミングでRecallする
  5. ジャングラーの位置に気をつける

レーン戦で勝てない人は、この5つの項目を意識してみてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です