重たい「PUBG」を快適にプレイするために必要なスペックとおすすめのゲーミングPCを紹介

PUBGでは頻繁に最適化のアップデートが行われているが、結局はアーリーアクセスのゲーム。使っているゲーミングパソコンがハイスペックなものでなければ「重たい」と感じてしまいます。

また一瞬の判断や行動を求められるゲームなので、スペックが低くてゲームがスムーズに動作しないと不利を背負ってしまいます。サクサク動いた方が戦績も上がるし、上達も早いと思います。

この記事では、PUBGを快適にプレイするためにはどれくらいのスペックが必要なのかを考察し、CPUやグラボなどを表にまとめています。またPUBGをプレイするのに最適なスペックを持ったゲーミングPCも紹介します。

最低必要動作環境では厳しい

以下の表が、公式から発表されている最低限必要とされている動作環境です。これを見れば、そこまでスペックの高さを求められていないようにも思う。

必要動作環境
OS Windows7,8.1,10(64bit)
CPU Intel Core i3-4340 / AMD FX-6300
メモリ 6GB 以上
GPU NVIDIA GeForce GTX660 / AMD Radeon HD 7850 以上
ストレージ 30GB以上の空き容量

しかし実際はこのスペックではまともにプレイできるかも怪しいところ。

やはり最低でもCPUはIntel Core i5、GPUはNVIDIA Ge Force GTX750はないと厳しい。もしGTX750を今から買って搭載したとしても快適にプレイできるまではいかないと思う。

またPUBGをプレイしたいがためにPCを購入しようと考えている人もいると思うが、グラフィックボードを積んでいない(Intel HD Graphics搭載となっている)ものや、ノートパソコンでは正直動きません。

ではどのようなPC環境を整えればPUBGを快適にプレイできるのか、いくつかの項目に分けて考えていきます。

  • フルHD画質(1920×1080)の中間設定
  • フルHD画質(1920×1080)の高設定
  • WQHD画質(2560×1440)
  • 4K画質(4000×2000前後)

以上の4パターンで必要となるスペックをまとめてみます。

 


フルHD画質(1920×1080)の中間設定で遊ぶ

こちらを選ぶメリットは以下の2点。

  • 低予算でPUBGを快適に遊べる
  • 設定次第で80fps前後は出せる

予算重視かつ、設定を下げることになっても問題ない方にとって、最高の選択だと思います。

フルHD画質の中間設定で必要なスペック

以下の表が、必要なスペックの目安となります。

フルHD画質(1920×1080)の中間設定
OS Windows7,8.1,10(64bit)
CPU Intel Core i5-7500
メモリ 8GB
GPU GeForce GTX1050Ti 4GB
ストレージ SSD 120GB

これだけ揃えておけば、PUBGを中間設定で快適に遊べること間違いなし。

フルHD画質の中間設定に最適なゲーミングPC

GALLERIA DH
OS Windows10 Home(64bit)
CPU Intel Core i5-7500
マザーボード Intel B250チップセット搭載 MicroATX
メモリ 8GB(4GB×2)
GPU GeForce GTX1050Ti 4GB STORMX
HDD 1TB
SSD 120GB
電源 400W 静音電源(80PLUS BRONZE)
付属品 GALLERIA Gaming Keyboard / レーザーマウス(USB接続)
サイズ 幅185×奥行395×高さ370mm
重量 約8.2kg
保証 1年間 持込修理保証

先ほど挙げたスペックをクリアしている製品。メモリを少し増設すればさらに安定するかも。

設定を下げてもいいから、低予算で快適にPUBGを楽しみたい!という方にとって「GALLERIA DH」は最適なゲーミングPCだと思います。よほどのスペックを要求されるゲームでない限りは、他の人気タイトルでも遊べます。

 

フルHD画質(1920×1080)の高設定で遊ぶ

こちらを選ぶメリットは以下の2点。

  • フルHDで設定を気にすることなく快適に遊べる
  • 最高設定で60fps以上を出せる

上記で紹介したものよりもお金を出して設定にこだわりたい!という方は、ぜひこちらを参考にしてみてください。

フルHD画質(1920×1080)の高設定で必要なスペック

以下の表が、必要なスペックの目安となります。

フルHD画質(1920×1080)の高設定
OS Windows7,8.1,10(64bit)
CPU Intel Core i5-7500
メモリ 8GB
GPU GeForce GTX1060 6GB
ストレージ SSD 250GB

PUBGを高設定で動かすとなればGTX1060 6GBはほしいところ。

この環境で1920×1080のフルHDであれば、かなり快適にプレイできるでしょう。

フルHD画質(1920×1080)の高設定に最適なゲーミングPC

GALLERIA DT
OS Windows10 Home(64bit)
CPU Intel Core i5-7500
マザーボード Intel B250チップセット搭載 MicroATX
メモリ 8GB(4GB×2)
GPU NVIDIA GeForce GTX1060 6GB
HDD 1TB
SSD 250GB
電源 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
付属品 GALLERIA Gaming Keyboard / レーザーマウス(USB接続)
サイズ 幅185×奥行395×高さ370mm
重量 約8.2kg
保証 1年間 持込修理保証

こちらのゲーミングPCであればフルHD画質でのPUBGを自由自在に楽しめます。

予算を重視しているとまでは言えないですが価格は抑え目で、PUBGを好きな設定で楽しめる他、録画や配信もストレス無く行える「GALLERIA DT」は非常におすすめできます。

 

WQHD画質(2560×1440)で快適に遊ぶ

ここからは一般的な1920×1080ディスプレイではなく、PUBGでは非常に有利だと言われている21:9モニターでもサクサク動かしたい方向け。

「PUBG」アスペクト比21:9のモニターを使用すれば横の視野が広がる?

2017.07.14

こちらを選ぶメリットは以下の3点。

  • フルHD画質(1920×1080)では100fps以上で安定
  • WQHD画質(2560×1440)でも60fpsを出せる
  • 「21:9モニター」でも快適に動作する

120hzや144hz対応のゲーミングモニターを使用してフルHD画質で更にパフォーマンスを求めたい人や、21:9モニターを使用してPUBGを快適に動かしたい方はこちらを。

WQHD画質(2560×1440)で必要なスペック

以下の表が、必要なスペックの目安となります。

WQHD画質(2560×1440)
OS Windows7,8.1,10(64bit)
CPU Intel Core i7-7700
メモリ 8GB (無料で16GBにアップグレード可能)
GPU GeForce GTX1070 8GB
ストレージ SSD 250GB

Core i7とGTX1070 8GBの環境があれば、現状は無敵です。

もちろんPUBGもヌルヌル動いてくれます。今までスペックに満足していなかったプレイヤーならば感動するレベルかもしれない。

WQHD画質(2560×1440)に最適なゲーミングPC

GALLERIA XF
OS Windows10 Home(64bit)
CPU Intel Core i7-7700
マザーボード Intel B250チップセット搭載 MicroATX
メモリ 8GB(4GB×2)
GPU NVIDIA GeForce GTX1070 8GB
HDD 2TB
SSD 500GB
電源 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
付属品 GALLERIA Gaming Keyboard / レーザーマウス(USB接続)
サイズ 幅207×奥行450×高さ450mm
重量 約13.9kg
保証 1年間 持込修理保証

こちらのゲーミングPCであればフルHD画質はもちろん、WQHD画質でもサクサク動いてくれます。また21:9モニターを使用したい場合にも最適です。

ある程度予算が多めで、できるだけハイクオリティでPUBGを楽しみたい!という人にはGALLERIA XFをおすすめします。これがあれば非常に快適なゲーマーライフを送れます!

 

4K画質(4000×2000前後)で快適に遊ぶ

今回紹介する中で最もスペックが必要になります。フルHDやWQHDより更にハイクオリティな4K画質は、なんと4000×2000ピクセル前後です。

こちらを選ぶメリットは以下の3点。

  • WQHD画質(2560×1440)で100fps以上を出せる
  • 4K画質(4000×2000前後)で60fpsを安定して出せる
  • もちろん「21:9モニター」でも快適に動作する

どうせプレイするなら最高画質が良い!っていう欲張りな人はこちらを参考にしてください。

4K画質(4000×2000前後)で必要なスペック

以下の表が、必要なスペックの目安となります。

4K画質(4000×2000前後)
OS Windows7,8.1,10(64bit)
CPU Intel Core i7-7700K
メモリ 16GB
GPU GeForce GTX1080Ti 11GB
ストレージ SSD 500GB

SLIに対応していないPUBGでは、GTX1080Tiの1枚刺しが最も最適な選択です。

4K画質(4000×2000前後)に最適なゲーミングPC

GALLERIA ZZ
OS Windows10 Home(64bit)
CPU Intel Core i7-7700K
マザーボード Intel B250チップセット搭載 MicroATX
メモリ 16GB(8GB×2)
GPU NVIDIA GeForce GTX1080Ti 11GB GDDR5X
HDD 2TB
SSD 500GB
電源 Enhance 800W 電源 (80PLUS GOLD)
付属品 GALLERIA Gaming Keyboard / レーザーマウス(USB接続)
サイズ 幅207×奥行520×高さ450mm
重量 約13.9kg
保証 1年間 持込修理保証

PUBGをプレイする上では、こちらのゲーミングPCが最も適していると言えます。

Core i7-7700KとGTX1080Tiを搭載していることで、ほとんどのゲームは快適に遊べてしまいます。さらにはPUBGであれば4K画質でも快適。完璧主義な人には「GALLERIA ZZ」をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です