【CoD:WWII】流出した新コンテンツ情報の事実を認め、「ロンドン」の新マップと「Gridiron」モードが正式発表

2017年11月3日にリリースを控える『Call of Duty:WWII』ですが、β版の内部データから見つかった複数の新コンテンツ情報が流出していたようです。

その流出をうけ、Sledgehammer Gamesは意外な声明を発表しました。以下で詳細をまとめておきます。

新コンテンツが明らかに

Sledgehammer GamesのMichael Condrey氏は、流出した内容の一部が事実であることを認め、マルチプレイヤー向けの新コンテンツ、「ロンドン」マップと「Gridiron」モードを実装することを明らかにしました。

しかし、流出情報のリークがゲームの経験を損なう可能性があるとし、直近のマルチプレイヤーやゾンビモードに関しての流出が全てのゲーム開発者にとって失望的であると語っています。

それでもSledgehammer Gamesは正直でいたいという思いから、リークの一部は不正確、または初期段階で変更の対象だったと明らかにしました。

 

「ロンドン」マップの画像を公開

Michael Condrey氏は『Call of Duty:WWII』の仕上がりに非常に満足しているそう。

コミュニティに届けることが待ちきれないと語り、「ロンドン」マップの画像を公開しました。

このマップはお気に入りで、ドミネーション・ハードポイント・TDMに適していると語りました。

f:id:deepeequepee:20171007153827j:plain

「Gridiron」モードについては、製品版のローンチ時に実装されるそうです。

 

日本語字幕版のストーリートレーラーが公開

過去に吹き替え版のトレーラーは公開されていましたが、日本語字幕版は今回初です。

以下が、新たに公開された『Call of Duty:WWII』日本語字幕版のストーリートレーラーです。

情報元:Charlie INTEL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です