【PUBG】ブルーゾーンのダメージ増加,アップデートWeek31のパッチノートとテストサーバー運用スケジュールが公開

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』アーリーアクセスアップデート第31週のパッチノートが公開されました。このパッチは、来週初めにテストサーバーにて適用されるようです。

またテストサーバーのスケジュールも発表されていたので、以下からどうぞ。

テストサーバーのスケジュール

最初のテストサーバーはパルクールアクション中心に

11月初めにPC 1.0をリリースする前に、最初のテストサーバーを稼働します。

パルクールアクションはこのパッチの主な内容であり、最低3日間のテストを必要とします。ぜひテストサーバーにて機能を試してみてください。

最適化,バグ修正,および今後のお知らせ

私たちの開発チームは、今年末までに正式リリースを目指して尽力してきました。現在のライブサーバーから多くのバグを取り除く予定であり、最適化にも常に取り組んでいます。テストサーバーでは、バグの修正,最適化,およびその他の多くの改善を体験することができます。

またライブサーバーとPC1.0開発ビルドの統合は容易ではなく、内部開発中に問題が解決されたとしても、変更がライブサーバーにすぐに反映されるとは限りません。

上記のように、公式発表前に少なくとも3回はテストサーバーを運用する予定です。ただし、テストサーバーに実装されているものに関して、アナウンスが遅れて短期間で公開されることもあります。できるだけ多くのコンテンツを追加し、修正しようと常に努力しており、ユーザーへのアナウンスができるだけ正確であることを確認していきます。

また私たちは、フィードバックやバグレポートにも積極的に目を通しています。あなたが報告した問題のいくつかは、すでに内部開発ビルドで修正されています。しかし開発ビルドとライブビルドは別々であるため、変更をすぐに適用することは容易ではありません。

一度、テストサーバーに全ての改善やバグ修正を統合し、PC1.0リリースのタイミングで合わせて実装することにしました。

 

アップデートWeek31 パッチノート

ゲームプレイ

  • ブルーゾーンのDOTダメージが増加しました

バグ修正

  • 弾丸が鎧を無視することがあるバグを解決しました

ブルーゾーンの改善を求める多くの意見をいただいていました。

そこでブルーゾーンのダメージを調整し、ゲーム中盤から後半にかけて戦闘エリア外の敵からのプレッシャーを減らし、戦闘エリア内の近接戦により集中することが可能になりました。

これに関しても、テストサーバーで実装した後、プレイヤーからのフィードバックを求めています。

情報元:Steam

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です