国内初となるeスポーツのプロライセンス発行が決定,日本eスポーツシーン発展のキッカケとなるか

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)より、国内eスポーツシーンの発展に関わる非常に興味深い発表がありました。

国内でeスポーツが普及しづらい要因として、高額賞金を賭けた大会を開催できなかったことが挙げられますが、eスポーツプロライセンスが発行されることによって可能となります。

また新生eスポーツ団体の動向次第では日本オリンピック委員会への加盟も十分に考えられ、eスポーツがオリンピック競技として認められる可能性があります。

国内eスポーツ業界が発展するキッカケとも成り得る発表内容は以下からどうぞ。

国内eスポーツ団体の統合・新設

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、日本におけるeスポーツの普及・発展とeスポーツ産業の振興を目標に掲げ、eスポーツ3団体の統合・新設に向けた取り組みを行うことを2017年9月19日付で発表しました。

一般社団法人日本eスポーツ協会(JeSPA)、一般社団法人e‐sports促進機構、一般社団法人日本eスポーツ連盟(JeSF)の3つの団体の統合・親切の手続き、新設団体での活動の準備を鋭意行っているとのこと。

プロライセンスの発行時期・方法

また2018年2月10日(土)、11日(日)に開催される「闘会議 2018」において、5つのゲームタイトルに対してプロライセンスを発行する予定。またプロライセンス発行第1号となるeスポーツ競技大会を開催する予定です。

このプロライセンス発行については公平性と多様性を考慮し、プロライセンス発行の要件を満たす選手に発行される他、これまでのeスポーツ競技大会で実績のある選手に対してもパブリッシャーの推奨や承認を得た上で”特別枠”としてプロライセンスを発行する方法も検討中とのこと。

プロライセンス発行予定のゲームタイトル
  • ウイニングイレブン 2018
    株式会社コナミデジタルエンタテインメント
    PS4 / PS3
  • ストリートファイターV アーケードエディション
    株式会社カプコン
    PS4 / Steam
  • 鉄拳7
    株式会社バンダイナムコエンターテインメント
    PS4 / Xbox One / Steam
  • パズル&ドラゴンズ
    ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
    iOS / Android OS / Kindle Fire
  • モンスターストライク
    株式会社ミクシィ
    iOS / Android OS

情報元:CESA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です