「BLESS」現時点での気になる情報まとめ

 

韓国で大人気のMMOPRG「BLESS」だが、日本では1回目のクローズドベータテストを終えた段階。ちなみに筆者は抽選に外れてしまってかなり悔しい思いをした。当選した友人いわく、プレイするたびにやることが見つかって遊びつくせないくらいコンテンツが濃く、かなり楽しめたとのこと。

今回は、公式やユーザーから発信されていることなど現時点で公開されている情報の中から、個人的に気になるものをまとめてみた。

 

 

BLESS(ブレス) とは?

韓国のNeowiz Gamesが開発に約7年と約70億円を費やした大型タイトル。その高いクオリティを証明するのは、まず驚くほど美しいグラフィックで、写真かと錯覚してしまうレベルのもの。

f:id:deepeequepee:20170515194747j:plain f:id:deepeequepee:20170515194801j:plain

建物の細部もしっかり描かれていて、統一された落ち着いた世界観。オンラインゲームであるにも関わらず、リアルな雰囲気を存分に味わえるワールド全体の重厚さが「BLESS」の魅力の1つだろう。

f:id:deepeequepee:20170515194408j:plain

そしてMMORPGならではの戦闘コンテンツにかなり力を入れているようで、最多500人で行われる大規模な戦闘から、ギルド同士の領土占領戦など様々なものが用意されているようだ。

 

戦闘コンテンツ

BLESSのメインコンテンツである。大規模なPvPに最適化したゲームで、多種多様なスキルを用いてアクション性の高い戦闘を行うことができる。

 

PvP: 最大250vs250の2大勢力戦争

f:id:deepeequepee:20170603150927j:plain

BLESSの世界では『HIERON』陣営と『UNION』陣営といった2つの勢力に分かれており、キャラクターを作成する前にどちらの勢力に所属するか選択する。その2大勢力が対抗する250vs250のPvPが行えるらしい。

 

PvP: ギルド同士で『首都争奪戦』

HIERON陣営とUNION陣営ともに各7つの領土が存在しており、ギルドが占領して領主になることが可能。領土を獲得したギルドは『首都争奪戦』に参加できる。

ギルド対ギルドの戦争コンテンツで、攻撃と防御に分かれて進行され、決められた時間内に最終目標を達成したギルドが首都を手に入れることができるというもの。

また、『首都争奪戦』参加ギルドと同盟関係にあるギルドも同じように参戦可能らしく、そのまま同盟側に協力して戦うのか、はたまた裏切るのか、と様々な展開を予想できる。個人的にこれが一番楽しみなコンテンツ。

 

その他のPvP

常時、誰でも参加可能な最大100vs100のチームバトル。きっと腕に自信のあるプレイヤーが多く集まるであろうコンテンツ。最大3vs3のチームバトルのような、少数戦の場も用意されている。身内同士での戦闘が楽しめたり、ここで出会ったプレイヤーとのコミュニティも広がりそうだ。

 

PvE: インスタントダンジョン

ソロプレイヤーにも安心の、1人でも攻略できるインスタントダンジョン。もちろんサービスが始まればパーティー募集も盛んに行われ、コミュニティを広げる場として有効になるだろう。

 

PvE: ランダムに出現する大型レイドボス

MMORPGでは定番の、時間周期で出現するボスモンスター。

 

生産コンテンツ

特定の地域を冒険して材料をレシピを得ることで製作が可能になる。生産コンテンツで製作したアイテムがメインコンテンツである”戦争”に影響を与えるように作られているようだ。例えば、強いギルドのリーダーが装備する武器は、必ずしも彼ら自身で作ったものとは限らず、製作専門のギルドが要請を受けて作ったものになるかもしれない、という構図らしい。PvEやPvPだけではなく、生産コンテンツにも期待できる。

 

ペットシステム

フィールド上のモンスターの捕獲に成功すると、そのモンスターをペットにできるのがBLESSの特徴だろう。ペットは共に戦ったり、乗り物として移動手段の1つとなる。

中でも、空を飛ぶ乗り物が魅力的。サービス開始されたらいち早く手に入れ、BLESSの広大なフィールドを一望してみたいものだ。

現段階で500種類ほどのペットを入手可能で、ペットの強化や合成のシステムも存在していて、かなり重要なコンテンツとなるらしい。ペット育成に精を出すプレイヤーも多数出てくるだろう。

 

キャラクター

種族とクラス(職業)

キャラクターの種族は10種で、クラス(職業)はメイジ、パラディン、レンジャー、ガーディアン、アサシン、バーサーカー、ウォーロック、ミスティックがある。種族やクラスはアップデートで順次追加される予定だ。

 

キャラクタークリエイト

黒い砂漠を思わせるかのような細かいキャラメイクができる。BLESSでは種族や性別が自由に設定できるので、かなり自由度の高いカスタマイズが可能となっている。マウス操作でキャラクターのパーツを直接操作できるのも、黒い砂漠と似たようなシステムだ。

 

装備のコーディネイト

外側から見えるパーツは7ヵ所。それぞれのパーツを組み合わせてコーディネイトを楽しむことが可能らしい。装備の種類によるビジュアル表現に力を入れているらしく、キャラクターの外見の自由度はかなり高いようだ。

 

最後に

現在はCBT1が終了した段階で、公式からの続報は出ていない。興味がある人は、CBT1に参加したユーザーが公開している記事を探してみるのもいいだろう。また、BLESS公式Twitterで定期的に情報が公開されているので、ぜひフォローしてみてはいかがだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です