dpqp

オンラインゲームの攻略情報ブログ

dpqp

オンラインゲームの攻略情報ブログ

【2017年版】あらゆるゲーマーにおすすめできるコスパが良いゲーミングマウスまとめ (2017/08/23更新)



 

有名メーカーのゲーミングデバイスは高価なものが多い。さらに「ゲーミングマウスおすすめランキング」などと紹介しているサイトでは、そういった高価格な商品ばかり並んでいるのが気になった。

価格の割に性能が良い、いわゆるコストパフォーマンスが高いゲーミングマウスは数多くある。この記事ではコスパの高さに照準を絞り、心からおすすめできるものを厳選して紹介していく。

(最終更新日:2017年8月23日)

 

 

価格帯:0~3000円

 

Logicool G300s

f:id:deepeequepee:20170823033859j:plain

Amazonのカテゴリ:ゲーミングマウスでベストセラーに選ばれ続けている製品です。

G300sはLogicoolゲーミングデバイスのエントリーモデルとして定番化しています。

左右対称の形状でサイズは小さめ、つまみ持ちに適しています。また重量は80gと軽いです。解像度は250-2500dpiの間を自由に調節可能。

プログラミング可能なスイッチを9つ搭載しており、マクロを使用できます。またプロファイルを3つまで保存可能なので、プレイするゲーム毎に素早く設定を切り替えられて便利。

人気の理由はこれだけの機能性を備えながら2000円弱で買えるという手軽さにあると思います。自信をもっておすすめできる、低価格でも侮れないゲーミングマウスです。

 

ELECOM M-DUX31BK

f:id:deepeequepee:20170823045627j:plain

ELECOMから発売されているMMORPG特化したDUXシリーズのエントリーモデルです。

かぶせ持ちつまみ持ちの両方で使用でき、サイズ感は通常のUSBマウスより少し大きいほど。

一番の魅力は、カスタマイズ可能なスイッチを合計10個搭載していること。各スイッチに好きな機能を割り振って、ゲームプレイの効率を上げることができます。もちろんマクロ機能も搭載しているので、操作量の多くなりがちなMMORPGをプレイするのに最適です。

独特な形状ですし使いやすいのかと疑問に思いましたが、レビューでは「ボタンが多いマウスの中では非常に扱いやすい」との評価が多かったです。多ボタンのマウスを探している方におすすめします。

 

価格帯:3000~6000円

 

Steel Series Rival 100

f:id:deepeequepee:20170823081312j:plain

こちらは有名メーカーSteel Seriesの定番となりつつある製品です。

左右対称で少し小さめなので、つまみ持ちに適したゲーミングマウスです。

おすすめする理由は、4000円で買える製品とは思えないほどバランスが取れたマウスだからです。まずハイクオリティの光学センサーを搭載しているので正確性に優れ、プログラミング可能なキーを6つ搭載、さらには耐久性も高い。

カラーバリエーションも豊富で、LEDイルミネーションも1680万色からカスタマイズ可能です。

コストパフォーマンスの面ではRival100が最も良いマウスかもしれません。

【関連記事】SteelSeriesのゲーミングマウス「Rival100」と「Rival300」を比較

 

COUGAR Minos X3

f:id:deepeequepee:20170823081326p:plain

COUGARという少しマイナーなブランドのゲーミングマウスです。

このマウスの魅力は、つまみ持ちに最適な形状、さらに非常に軽いところです。感度を低く設定しているローセンシプレイヤーにぜひおすすめしたいです。

またドライバをインストールする必要がなく、マウス裏側にDPIとボーリングレートを4段階で変更できるスイッチが搭載されています。買ってUSBを挿した瞬間から使用できてお手軽です。

価格は4000円弱で、軽量なマウスを探している方はぜひ。ちなみにLEDイルミネーションはロゴとホイール部分だけでなく底の縁も光ってくれます。かなり格好いいです。

 

Kingston HyperX Pulsefire FPS

f:id:deepeequepee:20170823081500j:plain

 

日本のプロチームDeToNatorとパートナー契約を交わしたことで話題となったHyperX初のゲーミングマウス。また名前の通りFPSゲーマーに向けた製品です。

形状は左右非対称で、95gという程良い重量感、大きめのサイズ感でかぶせ持ちに適している。

この製品もドライバ無しの仕様となっており、ホイール手前のボタンから400/800/1600/3200の4段階のDPI調整が可能です。どのDPIを選択しているかはボタン下のLEDで判断できるので、慣れればゲームプレイ中に素早く切り替えられます。

価格は5000円弱。この価格帯では、性能がしっかりしていてサイズが大きめのゲーミングマウスは少ないので、マウスをかぶせ持ちするFPSプレイヤーにおすすめです。

 

価格帯:6000円~

 

SteelSeries Rival 300

f:id:deepeequepee:20170823081515j:plain

有名メーカーSteelSeriesから発売されているRivalシリーズの初代機に近いモデル。

左右非対称で大きめの形状なのでかぶせ持ちに適したゲーミングマウスです。

先ほど紹介したRival100と同様、高品質な光学センサー、プログラミング可能なキーを6つ搭載しており、様々なジャンルに対応できるバランスの取れたスペックを持っています。

マウスをかぶせ持ちするプレイヤーには持ちやすさ使いやすさを高く評価されていて、非常に人気の高い製品です。筆者も次に買うゲーミングマウスはこれに決めています。

【関連記事】SteelSeriesのゲーミングマウス「Rival100」と「Rival300」を比較

 

Razer DeathAdder Elite

f:id:deepeequepee:20170823081528j:plain

Razerが世界最高と位置づけた新型光学センサー「Razer 5G Optical Sensor」を採用していることが最大の特徴となっているゲーミングマウス。その位置づけ通りDeathAdder Eliteは非常に正確性に優れています。

また程良いサイズ感で持ち方を選ばない形状をしています。つまみ持ちかぶせ持ちの両方で使用できる、プレイヤーを選ばないマウスと言えますね。

またドライバであるRazer Synapseは非常に優秀で、非常に詳細な設定が行えます。これはRazer製品全体の強みとも言えますが・・・。もちろんプログラミング可能なスイッチを搭載しており、マクロ設定も可能です。

値段は6500円ほどしますが、様々なジャンルで使用できる上に、耐久性や機能性にも安心感があり、非常におすすめできるゲーミングマウスです。ちなみに元FPSプロゲーマーで現Youtuberの「KUN」氏が激推ししてました。

 

Logicool G403

f:id:deepeequepee:20170823081547j:plain

Logicoolからコアユーザー向けに発売されているゲーミングマウス。価格の割に高性能で評価も高いです。

Death Adderに似たような形状なのですが、かぶせ持ちに適しているようです。

最大の特徴がマウス裏側に10gのおもりを搭載していて取り外しすることで重量を調節できるところです。通常時で90g、おもりを入れると100gとなります。重量を好みで選べるのは便利ですね。

高性能の光学センサーを搭載しているだけでなく、プログラミング可能なキーが6つ搭載されており、マクロも設定可能ですので、プレイするゲームのジャンルを選びません。

有名ストリーマーもよく使用しているマウスなので安心できます。マウスをかぶせ持ちする方には非常におすすめです。

 

Logicool G502

f:id:deepeequepee:20170823081600j:plain

Logicoolで最も人気のあるゲーミングマウスが、こちらのG502です。

変わった形状のように見えますが実際は扱いやすく、つまみ持ちかぶせ持ちなど、どのような持ち方でも手に馴染みます。

先ほど紹介したG403の特徴が、おもりを取り外し可能できるという点でした。こちらはなんと3.6gのおもりを5箇所で取り外し可能となっています。重量やバランスを、さらに自由にカスタマイズできます。

またプログラミング可能なボタンが11個に増え、自由自在なマクロも設定可能です。そのカスタマイズ性の高さから、ゲーマーだけでなくWebデザイナーなどにも愛用されています。

価格は7500円前後と高くなってはしまいますが、この記事で紹介してきたマウスの中で一番のカスタマイズ性機能性を誇っています。多少お金を掛けられる方であれば、これを選んでおけば間違いないと言い切れます。

 

ゲーミングマウスの主な機能

ゲーミングマウスとは、快適にゲームをプレイするための機能が備わったマウスです。例えば、こういった機能が挙げられます。

操作しやすい設計がされている

形状や重量感など、ゲームを操作しやすいように設計されています。各々のマウスの持ち方(つまみ持ち、つかみ持ち、かぶせ持ち)に適した製品や、なんと好みの重さに調節できる製品まで発売されています。

反応速度に優れ、ボタン数も多い

ボタンを押してから認識するまでの速度が速く、例えば通常のUSBマウスより8倍も速く認識する製品など、より正確な操作が可能になります。

またボタン数も通常より多く、側面に2つサイドボタンを搭載しているモデルを始め、多いものだと10個以上のボタンを搭載したゲーミングマウスも発売されています。

解像度(dpi)やポーリングレートを調節可能

マウス本体や専用ドライバから、解像度やボーリングレートといった数値を設定できます。解像度とはマウスを1インチ動かしたときにどれだけカーソルが移動するかを表した数値で、ボーリングレートとは1秒間に何回パソコンに情報を送るかの数値です。

プログラミング可能なボタン搭載、マクロが設定可能

プログラミング可能なボタンに好きなキーを割り当てたりすることで効率の良い操作をすることができます。またマクロも設定可能で、操作量の多いコマンドなども1クリックで正確にこなせます。

 

ゲーミングマウスの選び方

優先順位を考える

ゲーミングキーボードは普通のキーボードとは異なり、ゲームをプレイすることに特化したもの。上で紹介した機能を参考に、どれが必要かを考え、自分にとっての優先順位を決めてみましょう。

  • 形状やサイズ、重量
  • プログラミング可能なボタンの数
  • マクロが設定可能

これに加えて、デザイン性LEDイルミネーションに重点を置くのもいいと思います。

また気になる方は、側面にラバーソールがついているか、側面に搭載されているサイドボタンの位置など、細かい点にも注意しながら選ぶことをおすすめします。

マウスの持ち方に注意

一般的にはマウスの持ち方はつまみ持ちつかみ持ちかぶせ持ちの3つに分かれます。

マウスの形状と持ち方の組み合わせによっては、持ちづらく感じてしまう場合があるので注意してください。上記で紹介したゲーミングマウスには、それぞれどの持ち方が適しているか記述しておきましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ジャンルごとの重要な機能

よくプレイするゲームのジャンルによって重要な機能は変わってくると思います。

例えばFPSの場合に挙げられる機能はこういった感じ。

  • 持ちやすい形状
  • 動かしやすい重さ

一方、MMORPGをプレイする場合に重要視したい機能はこちら。

  • ボタン数が多い
  • プログラミング可能なボタンを搭載
  • マクロの設定が可能

よく遊ぶゲームのジャンルも考慮して選んでみてください。 

 

最後に

ここまでコストパフォーマンスが高いゲーミングマウスを紹介してきました。どれも値段の割に優れた製品なので安心して使用することができると思います。

この記事がゲーミングマウス選びの参考になれば幸いです。