dpqp

オンラインゲームの攻略情報ブログ

Stylishnoobオススメのゲーミングマウス「Rival300」と定番「Rival100」を比較


 

先日、StylishNoob氏が配信内で「マウスをSteelSeries Rival300に戻してから調子が良い」と絶賛していた。また同時に、多くの人に薦めたいのはSteelSeries Rival100の方だとも語った。

そこで、Steel SeriesのRival100とRival300の2つを比較してみようと思う。Rival100に関しては筆者も使用していたことがあり、かなり扱いやすいマウスだと思っている。別記事でコスパの良いゲーミングマウスの1つとして紹介しているので、こちらの記事もぜひ。

 

Rival100とRival300のスペック

SteelSeriesから発売されている両製品。Rival300よりもRival100は後に販売されたものだ。これらのスペックを紹介していく。

 

SteelSeries Rival100

f:id:deepeequepee:20170820113956j:plain

センサー 光学式(PixArt PMW3310)
解像度 250 - 4000dpi
トラッキング速度 200ips
最大加速度 50G
ボタン数 6個
ケーブル長 2m
サイズ 幅70mm 奥行133mm
重量 128g

 

SteelSeries Rival300

f:id:deepeequepee:20170820114321p:plain

センサー 光学式(PixArt S3059-SS)
解像度 最大6500dpi
トラッキング速度 140ips
最大加速度 20G
ボタン数 6個
ケーブル長 1.8m
サイズ 幅67mm 奥行120mm
重量 120g

 

比較

ではこの2製品を比較していく。

 

形状やサイズ、重量

f:id:deepeequepee:20170626051318j:plain

f:id:deepeequepee:20170626051417j:plain

画像真ん中がRival100、右がRival300だ。コンパクトなのはRival100で左右対称のデザイン。一方Rival300はサイズが大きい上に左右非対称の持ちやすそうな形状をしている。

f:id:deepeequepee:20170626051331j:plain

画像の通りサイズはかなり違う。そしてサイドボタンはRival100が小さく、Rival300はかなり大きい形状だ。意外と重量はあまり大差なく、Rival100の方が10gほど軽い程度。

 

解像度

マウスの解像度は単位DPIで表記されおり、マウスを1インチ移動させたとき、マウスが何ドット出力するかを表している。簡単に言えばマウスカーソルの移動速度と考えればいい。

Rival100は250/500/1000/1250/1500/1750/2000/4000dpi。一方Rival300は50-10000で、50dpiごとに変更可能。自由度はRival300の方が高いと言えるが、感度を変更する方法は複数あるので、実質変わらないとも言える。

 

トラッキング速度

トラッキング速度とは、マウスを移動させた際にどの程度の速度までの移動を感知するかどうかが分かる数値。単位はIPS。この数値が大きいほど、マウスの素早い動きをとらえてマウスカーソルが正確に移動する。ゲーミングマウスを選ぶうえで重要な要素だ。

Rival100では200ips、Rivall300では140ipsと、Rival100の方が優れていると言える。慣れてしまえばそれまでなのだが、PUBGなどのシューティングゲームは精度が重要。より正確に動くマウスを使用したい。

 

まとめ

両製品の形状,サイズ,重量,性能面などを比較した結果、かなりの違いが見られた。性能面ではあまり大差なく、形状の違いがが大きなポイントと言える。

 

SteelSeries Rival100

  • カラーバリエーションが多い
  • Rival300と比べて価格が2000円ほど安い
  • コンパクトで軽量
  • 左右対称のデザイン
  • Rival300よりもトラッキング速度に優れている

 

SteelSeries Rival300

  • 3色のカラーバリエーション
  • 価格は6000円台とRival100よりも高め
  • サイズはRival100より大きく10gほど重たい
  • 左右非対称のデザイン

 

両製品ともにかなりオススメできる定番のゲーミングマウス。ただ比較した結果、性能面では後発のRival100の方が優れていると言える。しかし大差があるわけではなく、形状や重量はかなり異なるので、好みで決めてしまって構わないだろう。

筆者はRival100を使用していたが、今はRazerのDeathAdderという左右非対称の大きいサイズのマウスを愛用しているので、Rival300が気になるところだ。