「Discord」が便利すぎてSkypeとTSを消した話

 

目次

 

今までのツールは捨てろ

オンラインゲームで意思疎通に欠かせないボイスチャットツール。既存のものには「Skype」「TeamSpeak」「Mumble」などが挙げられる。未だにこれらを使っている人は多いと思う。そんな方に言いたい、今すぐ「Discord」に乗り換えなさい

なぜここまで言うかというと、まず「Discord」自体がゲーマーのために作られたボイスチャットツールである。今までのものになかった革新的な機能が多くあり、特に注目したいのがブラウザ上でも動作する点。

もちろんアプリも用意されている。ダウンロードは上記リンクから。

登録などは一切不要で、名前を入力するだけで使用可能だ。また簡単な入力で自分のサーバーを持つことができ、自由に人を呼ぶことができる。

f:id:deepeequepee:20170527093339j:plain公式サイト上で公開されている他ツールとの比較、今までのVCツールを集約したようなもの。

それでは、Discordの便利な点を詳しく解説していこう。

 

あらゆる操作が単純で分かりやすい

 

基本的な操作方法

f:id:deepeequepee:20170527100303p:plain

左にサーバーの一覧がサムネイルで表示されており、自分が入ったことのある場所ならば1クリックで行き来できる。左下のマイク/スピーカーミュートボタンを解除すれば、同じボイスチャンネルにいる人と会話できる。テキストチャンネルを複数作成してチャットを用途ごとに分けることが可能で、ボイスチャンネルも同様。

 

友達を招待する

f:id:deepeequepee:20170527101037p:plain

ボイスチャンネルのGeneralにカーソルを合わせて、+アイコンをクリックする。

f:id:deepeequepee:20170527101223p:plain

するとこのようにURLが表示されるので呼びたい友達に伝えてあげればいい。このURLにアクセスすれば、dpqpサーバーのボイスチャンネルGeneralに入ることができる。

そして1回入ってしまえば、再度Discordを起動した際にサーバーの一覧に追加されているので、何度もこのURLを伝える必要はない。

 

自分のサーバーを作成する

左のサーバー一覧から+アイコンをクリックしてサーバー作成を選択。

f:id:deepeequepee:20170527095556p:plain

希望のサーバー名を入力し、サムネイルを選ぶだけ。新規作成ボタンを押せば、自分のサーバーが作成完了する。

 

チャット機能のいいところ

 

用途ごとに分けられ、過去ログが読める

テキストチャンネルは1サーバーにつき複数個作成することができ、用途ごとに分けられる。過去ログは削除しない限り永久的に残る。新しくサーバーに招待された際も、過去のやり取りは見ることが可能だ。

 

サムネイルやプレビューが表示される

テキストや画像はもちろん、最初から顔文字が使える。リンクを貼ると簡易サムネイルが自動生成され詳細を表示してくれる。個人的にはYoutubeなどの動画URLを貼るとプレビューが表示され直接視聴することができるのが便利

f:id:deepeequepee:20170527102531p:plain

 

ボイスチャット機能のいいところ

 

呼び出しは不要

Skypeのように特定の相手に呼び出しをして応答するまで通話が繋がらない、といった面倒な手間を省けます。ボイスチャンネルに入った時点でいつでも会話できる。部屋が複数あれば、必要なメンバーだけ同じ部屋に集まればいい。

 

小さい音は自動でカットしてくれる

これはTeamSpeak3と同じで、マイクの感度を設定でき設定以下の音量は拾わないようにできる。Skypeを使っている人は、雑音が気になることもなくなるはず。

 

自動AFK(離籍)モードが便利

ボイスチャンネルで一定時間以上喋らない状態が続いた場合、自動で他の部屋に移動する機能が設定できる。マイクミュートをするのを忘れてしまったり、寝落ちしてしまったときも安心だ。もちろん対象となる時間や移動先のチャンネルも細かく設定できる。

 

その他の便利な機能

 

アクセス権限機能が優秀

ボイスチャンネル、テキストチャンネルともにアクセス権限を設定できる。特定の人しか読み書きできない、または会話に入れない設定も可能だ。筆者は身内とその知り合いでDiscordを使用しているので、身内にServer Adminと称した権限を付与して活用している。

 

携帯版アプリがある

iPhone/android両方でアプリがリリースされている。チャット同期が高速であり通知機能も使用できる。操作感もPC版と変わりなく、かなり使い勝手がいいと感じている。

 

botを導入できる

テキストチャンネルでの自動受け答え機能やTwitterへのフィード表示を行うなど、チャットコマンドに反応して動作する無人プログラム”bot“を導入でき、Discordを更に便利に活用することができる。筆者は音楽を自動で流してくれるbotを導入している。その導入方法を別の記事でまとめているのでぜひ参考に。

 

コアゲーマーは乗り遅れるな

ボイスチャットだけでなくテキストチャット機能にも優れており、何より導入がややこしい今までのボイスチャットとは違って簡単に使用できる。さらにブラウザで動作可能で、完全無料という敷居の低さが魅力今までボイスチャットに抵抗があった人も、これなら気軽に始められるかも。

筆者はDiscordを使い始めてから、SkypeやTeamSpeak3のボイスチャットツールは一切使わなくなった。というか使う理由がなくなったボイスチャットやテキストチャットはもちろん、個人間のやり取り、BGMに困った時も、すべてDiscordのみで完結するからだ。ぜひ乗り換えてみてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です