dpqp

オンラインゲームの攻略情報ブログ

「Discord」音楽botを導入する方法を分かりやすく解説(2017/08/19更新)


f:id:deepeequepee:20170825115603j:plain

便利なボイスチャットツール「Discord」では、様々なbotを導入することができる。その中でも、音楽botは個人的にかなり便利だと思うので紹介する。

自分で使わなくても、サーバーに置いておくだけで人が集まってくるかもしれない。

 

音楽botとは

音楽botとは、Discord上で自動で音楽を流すことができるもの。

オートプレイリストに自分の好きな曲を集めて流すこともできれば、同じサーバー内にいる人であれば、YoutubeのURLなどから好きな曲を流して共有することもできる、便利なbotだ。

 

音楽botの導入に必要なもの

MusicBot

Clone or download > Download ZIP をクリックしてダウンロードする。

Python

下部にFilesという一覧があるので、Windowsの場合は画像の赤い線で囲んだうちのどれかをクリックすればダウンロードできる。

f:id:deepeequepee:20170605222356p:plain

 

音楽botの導入手順

MusicBotとPythonのインストールが済んだら、自分のサーバーに音楽botを導入していこう。ちょっとややこしいが、正確に落ち着いて作業すれば間違えることはないと思う。

 

元となるbotの作成

まずはDiscord開発者ページにアクセスしてbotを作成します。

  1. New Appをクリックする
  2. APP NAMEにbotの名前、APP ICONでアイコン画像を設定する
  3. Create Appで次へ、Create a Bot Userをクリック

以上で作成完了しました。このとき開いているページは開いたままにしておいてください。

 

作成したbotを音楽botにする

トークンの書き換え

まずはToken: click to reveal を押すと文字列が出てくるのでコピーする。

ダウンロードしたMusic Botファイル内のconfig/example_options.iniをワードパッドで開く。

[Credentials]
; Put your token here. Not “secret”. The secret is not the token.
Token = bot_token

緑の部分を、先ほどコピーしたトークンに置き換える。まだ変更を加えるのでこのファイルは開いたままにしておいてください。

オーナーIDの書き換え

次にDiscordを開き、ユーザー設定/テーマの開発者モードにチェックを入れて、自分のアイコンを右クリックし、Copy IDをクリック。これで自分のIDがコピーされた状態になります。

またトークンを設定したファイルに戻ります。

[Permissions]
; This number should be your id. It gives you full permissions. You do not put the bot’s id here. That’s silly.
; If you don’t know how to get this, scroll up a bit and read the part that says “HOW TO GET VARIOUS IDS”
; If you can’t do that for some reason, join the help server (invite in the readme) and type this in chat: !id
; If you still don’t understand, watch this https://streamable.com/4w8e and may your respective deity have mercy on your soul.
; I don’t want any more “how do I get the OwnerID” questions.
OwnerID = 000000000000000000

先ほどコピーした自分のIDを緑の部分に貼り付け、上書き保存して閉じてください。

サーバーにbotを追加する

先ほどbotを作成したDiscord開発者ページに戻ります。

APP DETAILS
Client ID: 11111111111111

赤色の部分のClientIDをコピーし、以下の赤色の部分にコピーしたClientIDを置き換えてから、そのURLにアクセスします。

https://discordapp.com/oauth2/authorize?&client_id=<CLIENT ID>&scope=bot&permissions=0

ここまでの手順を間違えていなければ、サーバーにbotが追加されます。

 

音楽botの起動方法

runbot.batを起動すると、サーバー上で音楽botがオンラインになる。逆にオフラインにしたい場合、開いたコマンドプロンプトを閉じるだけ。runbot.batのショートカットを作成しておき、デスクトップ上など分かりやすい位置に置いておけば、すぐに起動できて便利。

初回起動のみ、Music Botフォルダ内のupdate_deps.batを先に起動すること。コマンドプロンプトのような窓が出現し、必要なファイルを自動でアップデートしてくれます。

もし音楽botが起動しない場合

正常に起動しない場合に考えられる原因は2つ。

  • 上記にある導入手順を間違えている
  • Pythonのインストールが済んでいないかバージョンが異なっている

これらを一度見直してみてください。「どうしても起動しない!」って場合は、この記事にコメントしていただければ、何か力になれるかもしれません。

 

音楽botの操作方法

Discord内のテキストチャンネルでコマンドを入力すると、作成した音楽Botが反応して動いてくれる。使用頻度が高いコマンドを紹介しよう。<>や[]は削除して入力するように。

 

!help -コマンドリスト表示
!play <YoutubeなどのURL> -URLの動画をキューに追加
!play <検索ワード> -検索で最初に出た動画をキューに追加
!queue -現在のキューに入った動画のリストを表示
!np -現在再生中の曲を表示
!skip -曲をスキップ
!search [サービス名] [検索結果最大数] <検索ワード> -曲を検索して追加できます。サービス名はyoutube、soundcloud、yahooのみ
!shuffle -キューの曲をシャッフル
!clear -キューを空にします
!pause -現在の曲の再生を一時停止します
!resume -曲の再生を再開します
!volume [数字1〜100] -音量変更、+-も可能
!summon -botをVCに呼び出す.VCにいないと曲はかかりません
!disconnect -VCからボットを切断します。
!restart -管理者のみ、botの再起動

 

オートプレイリストを編集

誰も !play コマンドを使って曲を追加していない場合、オートプレイリストに入った音楽が自動で流れるようになっている。そのプレイリストは自由に変更することができる。

MusicBotファイル内のconfig/autoplaylist.txtをメモ帳で開く。

f:id:deepeequepee:20170605231240p:plain

初期状態だと、興味のないYoutubeのURLが大量に記述されていると思うので全部消してしまって構いません。画像のように好きな動画のURLを入力して上書き保存でOK。改行を忘れずに。

音楽botを再起動すると、オートプレイリストが更新されて自分が設定した音楽が流れます。