dpqp

オンラインゲームの攻略情報ブログ

【レビュー】M.2 2280/SATA3.0対応の「DREVO SSD D1」は取り付け簡単でコスパの良いSSD


f:id:deepeequepee:20170909141718j:plain

オンラインゲームを快適にプレイするためにSSDを搭載することは欠かせないです。

これまでエントリークラスのSSDを使っていた筆者は、「とりあえず読み込みが速くなるしどれでもいいか」とこだわることなく購入していましたが、ちょっと考えが変わりました。

SSDには様々な種類がある中で、求められているのは以下のような製品だと思います。

  • お手頃な価格である
  • 読み込み速度が速い
  • 取り付けがややこしくない

今回は、上記の3つをクリアした「DREVO D1 SSD」120GBが手に入ったので紹介したいと思います。

 

DREVO D1 SSD M.2 2280対応 SATA3 6Gb/s 3年保証

f:id:deepeequepee:20170909135654j:plain

今回はDREVOさんよりご連絡をいただき、サンプルを提供していただきました。

DREVO Japan フェイスブック:https://www.facebook.com/DrevoJapan/

M.2(type2280)規格の小型なSSDです。容量は120/240GBから選べます。

安価な割に最大読み取り速度500MB/s最大書き込み速度400MB/sと性能も優秀です。

さらに購入から3年間の保証付きです。購入後は日本語でサポートが受けられるので安心。

価格は120GBで6250円、240GBで9300円と、非常に安価な設定となっています。

 

「DREVO D1 SSD」の特徴

  • 低価格でM.2 2280/SATA3.0に対応しており、高性能でコスパ良し
  • 取り付けが簡単で、別途ケーブルは必要ない
  • ウルトラブックやノートPCに最適な小型SSD(デスクトップPCも使用可能)

 

製品パッケージ

しっかりとしたパッケージに入っており、薄いビニールに覆われています。

f:id:deepeequepee:20170909135625j:plain

f:id:deepeequepee:20170909135633j:plain

 

パッケージ開封、内容物

パッケージを開封すると、内容物が以下の通りでした。

  • SSD本体 x1
  • DREVOステッカー x1
  • アフターサービスについて x1
  • ARMYOURDESK(通販サイト)クーポン x1

f:id:deepeequepee:20170909135641j:plain

SSD本体の外観

以下の画像が、SSD本体の外観です。小さいメモリのような印象。

f:id:deepeequepee:20170909135654j:plain

f:id:deepeequepee:20170909135703j:plain

SSD本体は非常に小さい

これ実は非常に小さいです。10円玉を横に3~4個並べたくらいの大きさ。

このコンパクトさでも、しっかりSSDとしての性能を発揮してくれます。

この「DREVO D1 SSD」は本来、ウルトラブックやノートPCに最適なSSDとして発売されています。

もちろんゲーミングパソコンでも問題なく使えました。

f:id:deepeequepee:20170909135713j:plain

開封が終わったので、さっそくPCに取り付けていきます。

 

M.2 SSDの取り付け方法

メリットとして、DREVO D1 SSDは取り付けが非常に簡単でした。

以下の画像はマザーボードのメモリを挿すスロットの右側の部分ですが、

赤丸で囲っているM.2スロットに差し込むだけです。

筆者が使用しているPCの場合は、M.2スロット上にあるネジを一度ドライバーで取り外し、SSDを斜めに差し込んだあとに再度ネジを取り付けることで、しっかり固定されました。

f:id:deepeequepee:20170909152642j:plain

PCの知識なんていらず、誰でも簡単に取り付けられると思います。

注意してほしいのが、使用しているPCのマザーボードにM.2スロットがあるかどうかを確認すること。

 

一般的なSATA接続のSSDと比較

手軽に取り付けられて安心したところで、この製品の性能がどれほどなのか試していきます。

DREVO D1 SSDを、同価格帯かつ一般的なSATA接続のSSDと比較してみました。

比較対象:SanDisk SSD PLUS 120GB SATA接続

 

読み込み速度が速い

テスト環境

マザーボード:MSI B250I GAMING PRO AC

メモリ:DDR3-1600 4GB×4(合計16GB)

OS:Windows10 Home 64bit

SSD:DREVO D1 SSD 120GB / SanDisk SSD PLUS 120GB

上記の条件で、Windows起動までの時間を5回測定してみました。

  DREVO D1 SSD SanDisk SSD PLUS
1 6.4秒 7.1秒
2 7.1秒 6.9秒
3 6.8秒 7秒
4 6.4秒 7.5秒
5 6.2秒 7.1秒
平均 6.58秒 7.12秒

※電源ボタンを押した後、Windowsデスクトップが表示されるまでの時間を計測

平均をとった結果、M.2接続のDREVO D1 SSDが0.5秒速いという結果になりました。

Windowsが起動するまでの時間と思えば誤差だって思えてしまいますが、これがゲームプレイ中の読み込み速度と考えれば侮れない数値だと思います。

 

取り付けが簡単

取り付けが簡単なのも非常に魅力的だと感じました。

SATA接続だと別途SATAケーブルを用意する必要があり、ケーブルを2本接続してやっと使用できるのに対して、M.2接続はマザーボードのM.2スロットに差し込むだけで使用できます。

以上のことから、M.2接続の「DREVO D1 SSD」が圧倒的にお手軽な製品だと言えます。

 

まとめ:低価格で高性能、取り付け簡単。コスパの良いSSD

f:id:deepeequepee:20170909171648j:plain

今回、DREVO様よりクーポンコードを発行していただきました。

クーポンコード:D1SSD120

こちらを使用すれば6,250円から300円割引、5,950円で購入できます!

最近はM.2接続のSSDが主流となってきているようです。

今回紹介した「DREVO D1 SSD」は他社のエントリークラス並みの低価格にも関わらずM.2接続で、高いパフォーマンスを実現しています。さらに取り付けも簡単で、誰でも手軽に導入できます。

総合的に見てコスパが非常に良く、胸を張っておすすめできるSSDです!

SSDの導入や増築、買い替えを検討している方は、ぜひ候補に入れてみてくださいね。