dpqp

オンラインゲームの攻略情報ブログ

非常に滑らかな描写でゲームを有利に進められる!「応答速度1msの144hzゲーミングモニター」のおすすめ3選

f:id:deepeequepee:20170924122041j:plain

PCゲームをプレイしている人は、「hz(ヘルツ)」や「リフレッシュレート」という単語を耳にしたことがあると思います。これらは液晶モニターの用語なのですが、ゲームをする上で非常に重要です。

筆者は144hzのゲーミングモニターを使用していますが、先日とあるネットカフェで60hzのモニターを使ってFPSをプレイし、非常にストレスを感じてしまいました。

リフレッシュレートが144hzとそれ以下のモニターでは、体感できるほどの圧倒的な差があります。

この記事ではその「仕組み」について解説した上で、ゲーミングモニターの選び方とおすすめモニターについても解説していきます。

 

hz(ヘルツ),リフレッシュレートとは

リフレッシュレートとは、パソコンが処理した映像を、実際にモニターに映すまでに掛かる時間のことです。つまりこの数値が変わることで、以下のような違いが出てきます。

  • 60Hz:最大で1秒間に60コマの映像を表示する
  • 144hz:最大で1秒間に144コマの映像を表示する

そしてこの数値を、あなたがプレイしているゲームのfps数値と照らし合わせてみてください。

もし60fpsを超える数値が出ているにも関わらず、60hzモニターを使用している場合は「ゲーム内で何fpsを出していようが、実質は60fpsと変わらない描写」なので、非常に勿体ないことをしています。

f:id:deepeequepee:20170923231523g:plain

15,30,60,100fpsのそれぞれを比較した動画を見つけたので貼っておきます。

リフレッシュレート144hz対応のゲーミングモニターは、これよりさらに約1.5倍も表示するコマ数が多いので、映像をどれだけ滑らかに描写してくれるかすぐに想像できますね。

 

144hzモニターの利点と難点

難点

先に144hzモニターの難点から解説していきます。

リフレッシュレートが高ければ高いほどパソコンの性能を最大限に発揮してくれるのですが、逆に言えばPCスペックが多少高くなければ144hzモニターを使用していても意味がありません。

具体的に言えば、プレイしているゲームで60fps以下しか出ていないならば60hzのモニターで丁度いいということ。

低スペックPCでは、144hzモニターの性能を全く引き出すことができません。

また価格ですが、60Hzや75Hz対応のモニターは10,000~20,000円前後で売られています。

その一方で144hz対応のモニターは最安値で30,000円からとなっています。

導入することでゲームが有利に進められるようになることは確実ですが、モニター1枚に30,000円以上を払えるか、というところも難点として挙げておきます。

利点

しかし個人的には、プレイしているゲームで「fps80は超えている!」って場合は迷わずに144hzモニターに変えてしまった方がいいと思います。

特にMOBAやTPS、FPSなどの対人ゲームを主にプレイしている場合は効果絶大。

比較的軽いLeague of LegendsOverwatchなんかは、そこそこのスペックでも144fps以上出ているはず。

また筆者はPUBGを90~110fpsで安定するような環境でプレイしていますが、144hzのメインモニターと60hzのサブモニターで比べたところ、やはり描写の滑らかさに歴然とした差があります。

その違いを具体的に言えば、敵の動きに瞬時に反応しやすく、撃ち合いがしやすい。

それほど、描写能力がもたらすゲームプレイへの影響は大きいです。

 

おすすめの「144hz応答速度1msゲーミングモニター」

さて、上記の文章を読んだ上で「滑らかな描写を体験したい!」「ゲームを有利に進めたい!」って人におすすめできる、リフレッシュレート144hz,応答速度1msのゲーミングモニターを3つ紹介していきます。

 

BenQ ZOWIE XL2411

初めての144hzゲーミングモニターにオススメのBenQ ZOWIE XL2411

まず価格は30,000円以下と、144hz対応モニターの中では比較的安価で購入できます。

画面サイズは24インチ,解像度はフルHD(1920×1080)とごく一般的な仕様で、非常に扱いやすい。

さすがBenQとでも言いましょうか、仕様にもこだわっており、暗い場所の視認性を高めるBlack eQualizer搭載、目を疲れづらくするフリッカーフリーなど、ゲーマーに嬉しい機能が揃っています。

有名配信者やプロゲーマーも数多く使用している、信頼の高いゲーミングモニターです。

 

ASUS VG248QE

価格がBenQ XL2411よりも少し高額になるが、同様に支持されているのがASUS VG248QE

その魅力はパネルが高品質な点にあり、入力端子にDisplayPortがあるところ。

これによってより綺麗な映像を高速で出力できるので、FPSやTPSで敵プレイヤーなどを視認しやすいです。

こちらも有名配信者やプロゲーマーに愛用されている定番モニター。非常におすすめです。

 

MSI Optix G24C

こちらも30,000円前後で購入できて144hzに対応していますが、少し特殊なものです。

2017年9月15日にMSIから発売された、湾曲型液晶ディスプレイのゲーミングモニターです。

湾曲型モニターの中では圧倒的に安価でしたが、性能面でも非常に充実しています。

  • DisplayPort入力端子を装備
  • AMD FreeSync対応
  • FPSジャンルのパフォーマンスを上げる「FPS front Sight」
  • GAMINGモードを搭載
  • アンチフリッカー、ブルーライト軽減

筆者は来月これ買おうと思っています。湾曲型モニターを探している人にぜひすすめたい製品。

 

まとめ

  • 144hzモニターは、ゲーム内で高fpsが出ている場合に能力を発揮する
  • 60fps以下しか出ていない場合は60hzモニターで十分
  • また、もともと30fpsや60fps固定のゲームをプレイしている場合は必要なし
  • 描写能力はゲームプレイに大きく影響する

以上のことから、ゲーミングモニターを揃える優先順位は非常に高いと言えます。

「対人ゲームをやるなら、実力以外(スペックなどの理由)では負けたくない」って人は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

この記事がゲーミングモニター選びや用語理解の参考になれば幸いです。