dpqp

 楽しむゲーマーのためのWebメディア

「第18回アジア競技大会」eスポーツ日本代表は開会式に出られない?一体何が起きているのか

「第18回アジア競技大会」eスポーツ日本代表は開会式に出られない?一体何が起きているのか

NIKKEI STYLEにて ”「第18回アジア競技大会」eスポーツ日本代表選手が閉会式に出られない” といった内容の報道が行われました。というのも、「日本オリンピック委員会(JOC)が派遣する正式な日本代表ではない」という位置づけのようです。一体何が起きているのか、分かりやすくまとめてみます。

日本オリンピック委員会にeスポーツ団体は正式加盟していない

2018年8月18日から9月2日にインドネシアにて開催される「第18回アジア競技大会」に、eスポーツ日本代表選手3名が出場します。

「日本eスポーツ連合」が主催した日本予選にて、『リーグ・オブ・レジェンド』『StarCraft II: Legacy of the Void』『Hearthstone』『Clash Royal』『PRO EVOLUTION SOCCER 2018』の日本代表選手11名が選出され、6月に香港で実施された東アジア予選に出場。『PRO EVOLUTION SOCCER 2018』と『Hearthstone』で3名が予選を突破し、本戦への出場枠を掴み取った形となります。

しかし以前は、国内のeスポーツ団体が乱立していることで日本オリンピック委員会(JOC)へ加盟する条件を満たせず、2018年2月に複数のeスポーツ団体が「日本eスポーツ連合」へ統合され、加盟に一歩近づくこととなりました。

しかし現在でも、日本オリンピック委員会にeスポーツの競技団体は正式加盟していないという状況なのです。このことから、第18回アジア競技大会へ日本が出場する可能性は低いとされていました。

何とか出場は決定するも、一切の支援が行われない

日本eスポーツ連合が何らかの形で日本オリンピック委員会に交渉し、出場に必要な書類を代理提出してもらうなどして、無事に第18回アジア競技大会への日本代表選手の出場が実現しました。

しかし日本オリンピック委員会は「”あくまで代わりに判を押して書類を完成させただけ”で、代表選手に対しての滞在費支給や統一ユニフォームの支援も無ければ、第18回アジア競技大会のeスポーツ競技に日本代表選手が派遣されたという公式記録も残さない」としています。

 だが代表選手を派遣するはずのJOCは、我関せずというスタンスだ。「(エントリーの書類に)JOCの判がなければ出場できないので、代わりに押してあげるだけ。eスポーツの選手を派遣するのはJeSUであって、JOCではない」。日本代表としての統一ユニホームや現地での滞在費支給は無し。JOCの公式記録にも残らない。

大会が始まっても、JOCが派遣する正式な日本代表でないeスポーツの選手たちは開会式や閉会式に出席できない。現地ではホテルなどの宿泊場所が不足する可能性が高いが、「選手村に入れるかどうかはインドネシアの組織委が判断すること」とJOCは突き放す。

日本オリンピック委員会にeスポーツ競技団体が正式加盟できないことには、JOCがeスポーツへ厳しい見方を示していることが関係しています。もともとJOCの内部では「テレビゲームはスポーツなのか」という慎重な意見が根強いようです。

2022年に中国で開催される次回のアジア競技大会では、eスポーツがメダルを伴う公式競技に格上げされる予定です。また2024年のパリ五輪ではeスポーツが採用されるとの見方も。それまでに国内でeスポーツを認可するかどうかの結論が出されることとなりそうです。

筆者個人としては、「eスポーツはスポーツか」という議論の前に、本戦への出場権を獲得したeスポーツ日本代表選手の方々が決して良いムードで送り出されないということを悲しく思います。

情報元:NIKKEI STYLE

コメント

*

Return Top