【PUBGの動作を軽くする】平均fpsを上げるWindows/Steam/NVIDIAでの設定方法

一般的に、PCゲームは60fps出ていれば快適に動作していると言えます。

PUBGも同様で、これを下回る数値だとカクつきが気になってしまうと思います。

そこで、平均fpsを上げるための設定方法を片っ端からまとめてみました。

ゲーム内の設定を下げる以外にも手段はあるので、安心して読んでみてください。

まず確認すること

設定をする前に、まず確認してほしいことを挙げておきます。

PUBGを60fpsで動かす必要最低限PCスペック

PUBGを60fps以上で安定させるためにはPUBGを最低画質にして様々な設定をするとしても、以下のスペックが必要になります。

しかし本当にギリギリなので、その他の要因によって60fpsを下回ってしまう可能性もあるので注意を。

CPU Core i5-4690
メモリ 8GB 以上
GPU NVIDIA GTX 750Ti 以上
ストレージ SSD 120GB

あなたのPCがこれ以上のスペックであれば、設定次第で問題なく動作すると思われます。

【PUBG】実は低スペックPCでもプレイできる 必要最低限のスペックと軽くする設定方法を解説(2017/10/30更新)

2017.05.21

上記のスペックで実際に動かしてみた様子を記事にしているので、よければ参考にしてみてください。

 

PUBGの動作を軽くする設定方法まとめ

それでは以下から、様々な設定方法を紹介していきます。

大きく分けて4つ。PUBG,Windows,Steam,NVIDIAでの設定が必要です。

 

PUBGでの設定

まず一番重要となる、PUBGでの設定を行っていきます。

設定 > グラフィック の赤枠で囲んだ項目を変更していきます。

f:id:deepeequepee:20170925144611p:plain

手っ取り早く設定したい!って人は、全て非常に低いに変更してみてください。

別記事にて、各項目でどのような違いがあるのかを詳細に解説していますので、気になる方はそちらを参考にして設定してみてください。

次に、設定 > ゲームプレイ の赤枠で囲んだ項目を全てオフにしてください。

f:id:deepeequepee:20170925144624p:plain

これはゲーム中にI,Tabキーを押してアイテム欄を開いたときの表示を簡素にする項目です。

低スペックPCを使ってPUBGをプレイしている人には「アイテム欄を開いたときに固まる!」って声が多いので、もしかしたらこの設定によって改善されるかもしれません。

 

Windowsの設定

  1. PUBGをインストールしたフォルダを開く
  2. TslGame.exeを右クリック、プロパティを開く
  3. 互換性タブをクリック、高いDPIスケールの動作を上書きしますにチェックを入れる

f:id:deepeequepee:20170925151337p:plain

PUBGのインストールフォルダの場所が分からない人へ

C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\PUBG\TslGame\Binaries\Win64

環境によっては、「高DPI設定では画面のスケーリングを無効にする」など表記が違うかもしれませんが、2行目に「実行元:」のような表記があれば、その欄と思ってもらって構わないです。

この設定はPUBGがアップデートされるたびに行う必要があります

 

Steamの設定

  1. Steamからライブラリを開きPUBGを右クリック、プロパティを開く
  2. 起動オプションを設定 をクリック
  3. 以下の文字列をコピーペーストしてOKをクリック

-malloc=system -sm4

※使っているPCのメモリが8GB以下の場合は、こちらにした方がよい

-malloc=system -sm4 -lowmemory

この設定により室内の影を抑えることができ、FPSが向上します。

 

Nvidiaの設定

  1. デスクトップを右クリック、Nvidiaコントロールパネルを開く
  2. 左のメニューより3D設定の管理をクリック、以下のように設定

f:id:deepeequepee:20170601131248p:plain

f:id:deepeequepee:20170601131251p:plain

GPU自体の設定が変更されるので、他のゲームの画質設定等にこだわっている方は、プレイする際に戻すなどの工夫が必要です。特に気にならない場合は気にしなくても大丈夫です!

 

.iniファイルは弄るな

注意してほしい点が、他の記事でよく「.iniファイルを弄れば軽くなる」と紹介されているが、あまり変化が無かったり逆に動作が重たくなるので触らない方がいいです。

※2017/09アップデートによって.iniファイルの変更が制限されました

 

改善されない場合の対処法

Chromeなどのブラウザや、不要な常駐ソフトはできるだけ切り、できるだけCPUやメモリの使用率を抑えた状態でPUBGをプレイしてみましょう。

それでも改善されない場合はPCスペック自体を見直す必要があります。

 

こちらの記事では、各グラフィックボードのベンチマークの結果からPUBGを快適にプレイできるPCスペックを検証しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です