dpqp

オンラインゲームの攻略情報ブログ

【PUBG全武器データベース】ショットガン(SG)の性能・ダメージ表・おすすめアタッチメント(2017/08/18更新)

 

ショットガンは近距離特化型の武器で、S1897,S686,S12K の3種類が存在している。

9発の散弾を発射し、全弾命中させるとミリタリーベストLv3を装備していようが一撃で倒せる。武器の種類によるダメージの差はないが、種類によってリロードの時間や装弾数が異なる。使用感もかなり変わってくるので、好みのものを見つけたい。

 

 

S1897

f:id:deepeequepee:20170611003606p:plain

標準的なポンプアクションタイプのショットガン。射程距離が非常に短いのと、弾を1発撃つたびにリロードの動作が発生するので、撃ったあとの隙が大きいのが欠点。しかし近距離で当てれば一撃で倒せるので、序盤に枠が空いていれば拾っておくといい。

S1897の基本性能
戦闘力 有効範囲(m) 安定性(%) 連射率(%)
25×9 7.5 77.1 8.2
使用する弾薬 装弾数 アタッチメント 入手方法
12ゲージ 5 2 通常
S1897のダメージ表

ショットガンの特性上、散弾するので計測が不可能。

S1897のおすすめアタッチメント

S1897,S686のみ取付可能のチョークを装着したい。これを装着すると集弾性が上がり、非常に扱いやすくなる。見つけたら必ず拾っておきたいアイテムだ。

 

S686

f:id:deepeequepee:20170611003547p:plain 

ダブルバレルタイプのショットガン。ショットガン3種の中で最も射程距離が長いだけでなく、連続で2発撃つことができる。2発とも当てられずに仕留められなかった場合は、リロードで大きな隙が生まれてしまう。

S686の基本性能
戦闘力 有効範囲(m) 安定性(%) 連射率(%)
25×9 12.5 77.1 7.1
使用する弾薬 装弾数 アタッチメント 入手方法
12ゲージ 2 2 通常
S686のダメージ表

ショットガンの特性上、散弾するので計測が不可能。

S686のおすすめアタッチメント

チョークを装着することで集弾性が上がり扱いやすくなる。 さらにこのS686に関しては、中距離でもある程度の命中が見込めるようになる。

f:id:deepeequepee:20170611010321j:plain
チョーク未装着時と装着時の集弾性の違いを検証した画像。かなりの差が出ている。

 

S12K

f:id:deepeequepee:20170611003615p:plain

マガジンタイプのショットガンで、通称サイガ。他と比べると威力が少し低いが、高い連射速度で5発撃つことができてリロードも高速で終わる。他のショットガンとは違ってチョークが装着できない代わりに、アサルトライフルの一部アタッチメントが装着可能。扱いやすさは一番だ。

S12Kの基本性能
戦闘力 有効範囲(m) 安定性(%) 連射率(%)
22×9 8.9 85.4 14.3
使用する弾薬 装弾数 アタッチメント 入手方法
12ゲージ 5(8) 3 通常
S12Kのダメージ表

ショットガンの特性上、散弾するので計測が不可能。

S12Kのおすすめアタッチメント

大容量弾倉を装着すれば装弾数が8発となる。もちろん8発とも連射が可能でリロードも高速なので、弾を外した際のリスクはショットガンの中で一番低く、リロード1回分でとんでもない総ダメージ量を出せてしまう。