「PUBG」勝てない人へ② 田舎降りのすすめ

PUBG初心者や勝てない人に向けた内容を公開したが、今回はさらに違った戦術をシェアしようと思う。タイトルにもある通り、降りる位置を過疎地域(田舎)にすることで終盤まで生き残る確率を高めるものだ。

序盤の撃ち合いを捨てろ

極論、PUBGでは50キルしようが途中で死んでしまうと負けだ。そして最も死んでしまいやすいタイミングは序盤で、過去記事で紹介したPochinkiやMilitary Baseなどの激戦区では毎度の如く撃ち合いが発生している。それなら、降りる場所を田舎にしてしまえばいいのではないか。

f:id:deepeequepee:20170531162449j:plain

赤い円で囲った、民家が数件だけ並ぶような場所を田舎とする

田舎に降りれば安全に物資を集められ、序盤に敵に囲まれて死ぬ危険性は少ない。降りた民家を空っぽにすれば、また離れた民家に走ればいい。こうすれば敵に出会うことなく何軒分もの物資を拾い集められる。運が良ければ車がリスポーンしているので、白い円の中心まで移動してしまえばいい。

 

終盤を見据えた立ち回り

序盤に敵と出会わずに物資を集め切ったなら、あとは白い円のできるだけ中心地にある小屋に立てこもるか、草のあるところでしゃがんでおけばいい。周りは勝手に潰し合い、みるみる人数は減っていくだろう。

f:id:deepeequepee:20170531164251j:plain

この戦術では、終盤までは戦わずして残ることが重要。PUBGは序盤に撃ち合って死ぬか生きるかの戦いをするゲームではない。残り20~10人生存となった段階から真のサバイバルゲームが始まるのだ。

 

なぜ田舎降りをすすめるのか

個人的に、序盤のPochinkiなどの激戦区での撃ち合いと、終盤の競技エリア内に向かう際に起きる撃ち合いは全く違うものだと感じる。

何故なら、SquadやDuoであろうが序盤は少し離れて動くことが多いので、たとえ1キルしたとしようが、どこから仲間が来るか分からないからだ。PUBGに慣れている人であればすぐに来る方向や距離を察知できるのだが、初心者や慣れていない人であれば理不尽な死は避けられない

終盤ではSquadやDuoの場合ほとんどが集団行動している。銃声がどの方向から聞こえるかで、「E方向に1チーム、SW方向に2チーム以上いる」などと把握することができるので、不意に仕掛けられることが少ないし、漁夫の利を狙うことも容易い

終盤の戦いこそがPUBGの真骨頂だ。そして、終盤まで辿り着くのに一番適した方法が田舎に降りることなのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です