dpqp

オンラインゲームの攻略情報ブログ

【韓国メーカー】20,000円弱で買えるコスパ最強の144hzゲーミングモニター「QNIX QX2414」の利点と難点

 

以前、おすすめの144hzゲーミングモニターを記事で紹介しましたが、とある理由で掲載しなかったものがあります。

QNIX QX2414」という韓国メーカーの製品で、性能は高いにも関わらずなんと20,000円ほどで購入できます。

これが筆者が現在使っているモニターであり、購入から半年近く経っていますが問題無く使用できています。

本当は胸を張っておすすめしたいコスパ最強のゲーミングモニターでもあります。

144hzゲーミングモニターの相場は最低でも30,000円からとなっているのですが、なぜここまで低価格で成り立っているのか?その理由と、この製品を購入する利点,難点を合わせて解説していこうと思います。

 

「QNIX QX2414」が144hz対応なのに安い理由

冒頭でもお話した通り、144hzゲーミングモニターの相場は最低30,000円からとなっています。

しかし「QNIX QX2414」は、応答速度1msに144hz対応というスペックで20,000円弱と非常に安いです。

QNIX QX2414 LED 144 Multi HOT

一見怪しくも思えるこの製品ですが、相場を大きく下回る価格で販売しているのには理由があります。

QNIXは韓国のディスプレイメーカーで、LGなどの大手メーカーの品質テストで最高点数を取れなかったモニターを流用して生産を行っているため、このような低価格を実現できている、というわけです。

つまり生産コストが通常よりも低いので、販売価格を下げてしまっても利益が出せるということですね。

もちろん大手メーカーの液晶パネルを流用しているので、製品の質は高いです。

 

「QNIX QX2414」の難点

ではどこに不安要素があるかというと、製品の初期不良が目立ってしまっている点ですね。

前述の通り、品質テストで最高点を取れなかったディスプレイを流用していることが原因です。

ドット抜けが見られる個体が多い?

挙げられる主な初期不良としては、画面の「ドット抜け」です。

つまりは、画面の1点のみが常時点灯しているような状態。

f:id:deepeequepee:20170928111043j:plain

拡大するとこんな感じです。画像のように黒画面だと、目立ってしまうかも。

そもそもこの製品は、ドット抜け3つまでは正常品として扱われています。

そしてAmazonレビューではドット抜けが無かった場合とドット抜けが1つ以上見つかった場合で半々くらい。

ちなみに筆者の個体はドット抜けがありませんでした。

使用する上で問題はありませんが、神経質な人は気になってしまうと思います。

サポートの対応が悪い?

もちろん日本メーカーではないので、サポートに不満を感じる人もいる様子。

前の項目で挙げた「ドット抜け3つまでは正常品としている」ということは、販売時には表記されていないのですが、Amazonレビューで問い合わせて初めて分かったことのようです。

しかし、初期不良があった場合の返品交換対応はしっかり受け付けてもらえるので安心してください。

その他,気になった点

また、少し気になったことを挙げるとすれば、

  • ディスプレイの角度は動かせない
  • 電源の規格が違い,同梱されている変換器を使用しなければいけないので配線が増える
  • ディスプレイ裏の穴の規格も違い,モニターアームが取り付けられない

といったところ。買った当初に思っただけで、もう全然気になっていませんけども。

 

「QNIX QX2414」の利点

非常に価格が安い

難点を先にお伝えしましたが、何といっても「QNIX QX2414」は非常にコスパが良いです。

応答速度1ms,144hz対応の他製品の価格は30,000円を超える中、この製品は約1万安い低価格で購入できる。

20,000円と言えば、応答速度1ms,60/75hzモニターの価格と大して変わらないですからね。

多少の許容はできるほど、驚異的なコストパフォーマンスを誇っていると思います。

機能面が優れている

これだけ低価格で提供していますが、優秀な機能をたくさん持ち合わせています。

24インチの応答速度1ms,リフレッシュレート144hz対応と基本性能も文句ないのですが、

  • リフレッシュレート185hzまでオーバークロックが可能
  • ダウンスケーリング(60hz)することでQWHD(2560×1440)解像度にも対応
  • LINE OF SIGHT搭載,モニター画面に形や色を設定可能な十字型の照準線を表示可能
  • ブルーライト低減機能(25%/50%/75%の3段階)搭載
  • 3種のゲームモードを切り替えられ,動く対象の可視性を高められる
  • フリッカーゼロで,画面のちらつきを制御して目を疲れづらくする

以上のようにゲームに特化した機能がたくさん。いかにも韓国メーカー製らしい仕様です。

レビューでは、機能自体への不満は一切なかったように思います。もちろん筆者も満足しています。

 

買うべき人とそうでない人

ここまで「QNIX QX2414」の利点と難点をお伝えしましたが、やはり安い製品が故に難点も目立ちますね。

何度も言うようですが、筆者に届いた個体は買ってから半年経った今も何の問題もなく使用できています。

まとめると、ディスプレイの質は良好ゲーミングモニターとしての性能にも優れている製品ですが、ドット抜けなど初期不良の可能性があり、韓国メーカー製なのでサポートに不安がある、といった印象です。

もともとドット抜け覚悟で,サポートを受けるのに手間や日数が掛かってもいいから,とにかく144hzゲーミングモニターを安く購入したかった筆者からすれば「QNIX QX2414」は非常に満足度が高い製品でした。

PCゲームでのリフレッシュレート60hzと144hzでは歴然とした差がありますからね。

個人的にはおすすめできる製品なので、この記事で挙げたような難点を理解した上で購入してみてはどうでしょうか。

QNIX QX2414を買うべき人
  • とにかく低価格で144hzゲーミングモニターを手に入れたい
  • 1~3個のドット抜けがあっても許容できる
  • 英語・韓国語にしか対応していないサポートでも気にしない
他メーカーの製品を買うべき人
  • お金を出してでも安心できる製品を購入したい
  • どうしても初期不良品を掴まされたくない
  • 日本語で迅速かつ丁寧なサポートを受けたい

並行輸入品ということもあり、神経質な人にはあまり向かない製品です。

ちなみに商品の到着は早く、注文から1週間しないうちに届いた記憶があります。

 

日本語サポートを受けられて安心できるメーカー製品が知りたい!って人はこちらの記事をどうぞ。

144hzゲーミングモニター選びの参考になれば嬉しいです。