DPQP

国内外のゲーム攻略情報 & ゲーム周辺機器レビュー

FPSにおすすめのゲーミングヘッドセットを徹底的にまとめ。選び方も解説【2018年最新版】

FPSにおすすめのゲーミングヘッドセットを徹底的にまとめ。選び方も解説【2018年最新版】

当記事では、近頃盛り上がっている『PUBG』『フォートナイト』などを始めとしたFPS/TPSのシューティングゲームに最適な、本当におすすめできるゲーミングヘッドセットを厳選して紹介しています。

ゲーミングヘッドセットとは

ゲーミングヘッドセットとは、ゲームプレイに特化したヘッドセットのことです。一般的なゲーマーはもちろん、プロのe-sports公式大会でも使用されています。

具体的に説明すると、通常のヘッドセットに比べて高品質なドライバーを搭載しており、音響性能が非常に優れています。これによりFPS/TPSで敵の足音や銃声などの重要なゲーム内効果音が聞き取りやすいうえ、イヤホンと違って耳全体を覆ってくれるので音が鳴っている場所も判別しやすくなるのです。

また、ゲーミングヘッドセットでは搭載されたマイクでボイスチャットを楽しむことも可能です。製品によってはノイズキャンセリングやマイクのミュート(ON/OFF)機能も搭載されています。置き型マイクを別途用意するよりも便利だと言えます。

ゲーミングヘッドセットのメリット

  • 通常のヘッドセットよりも音響が優れている
  • FPS/TPSで敵の足音や銃声が聞き取りやすく、効果音が鳴っている場所も判別しやすい
  • 搭載されたマイクによって、ゲーミングヘッドセット1台でボイスチャットも楽しめる

ゲーミングヘッドセットの選び方

オンラインゲーム、特にFPS/TPSなどの一瞬を争う対人ゲームでは、敵の足音や銃声など「ゲーム内の効果音を正確に聞き取る」ことが非常に重要となります。ゲームを快適にプレイするためにも、ゲーミングヘッドセット選びで失敗しない選び方のポイントをいくつか紹介します。

1.密閉型・開放型

ゲーミングヘッドセットの構造には、通常のヘッドセット同様に「密閉型」「開放型」の2種類があります。

一般的と言えるのが「密閉型」で、耳を覆うヘッドホン部分の背面が完全に閉じているタイプです。密閉されていることから外部の音が聞こえづらく、ゲームへの没頭感が得られます。また音を逃がさないので音漏れしづらく、迫力のある音響が楽しめます。

一方で「開放型」は耳を覆うヘッドホン部分の背面が開放されているタイプです。その構造から音漏れは発生しますが、音がこもりづらいうえに抜けが良いなど音質に優れているのです。密閉性がないぶんキーボードやマウスの音、また周囲の音も聞こえます。

2.有線接続・無線接続

ゲーミングヘッドセットには「有線接続」「無線接続」の2種類ありますが、それぞれのメリットとデメリットを挙げていきます。

有線タイプのゲーミングヘッドセットでは、確実に遅延が少なく音ズレが発生しづらいという利点があります。しかしデスク上でケーブルが邪魔になりがちなこと、また可動域が限られているというデメリットもあります。

一方で無線タイプのゲーミングヘッドセットは2.4GHz無線接続またはBluetooth接続が主流となるのですが、価格が安い製品ですと遅延や音ズレが発生しやすいと言えます。有線タイプ並みのクオリティの無線ゲーミングヘッドセットを手に入れようと思うと、有線タイプに比べて少し高価な製品を選ぶ必要があります。

価格重視で性能の高いゲーミングヘッドセットを手に入れたい方は有線タイプを、価格が高くなってしまっても利便性を優先したい方は無線タイプを選ぶことをおすすめします。

3.サラウンド機能 (5.1ch/7.1chなど)

ゲーミングヘッドセットには、サラウンドシステムを採用している製品があります。

5.1ch、7.1ch、9.1chなどありますが、チャンネル数が多いほど、内臓するスピーカーの数も多いのです。スピーカーが増えれば、よりゲーム内効果音が細かく大迫力で再生されるため、ゲームプレイでも有利に立てると言えます。

最近のゲーミングヘッドセットでは7.1chサラウンドが主流ですので、それを選んでおけば間違いないでしょう。

ゲーミングヘッドセットの選び方まとめ

  • ゲームへの没頭感を求める方は「密閉型」、より良い音質を求める方は「開放型」を
  • コストパフォーマンス重視の方は「有線接続」、価格を気にせず快適な製品を手に入れたい方は「無線接続」を
  • サラウンドシステム採用のヘッドセットは、チャンネル数が多い方がゲームプレイで有利(7.1chサラウンドが主流)

☆ 初めてのゲーミングヘッドセットならコレ

おすすめのゲーミングヘッドセットを紹介していく前に、初めて導入する方に最適な、費用対性能(コストパフォーマンス)重視で厳選したゲーミングヘッドセット3製品をピックアップしました。

どれも有名デバイスメーカーから発売されている人気ゲーミングヘッドセットですので、これを選んでおけば間違いないというものばかり。

1. HyperX Cloud Stinger

HyperXが発売するエントリーモデルのゲーミングヘッドセット「HyperX Cloud Stinger」は、ゲームプレイに重要な機能のみを抑えたシンプルな設計で、低価格を実現しています。

50mmドライバ搭載でダイナミックな音響を備えつつ、スイングでミュート可能なノイズキャンセリングマイクを搭載。280gの軽量設計で長時間のゲームプレイにも安心のゲーミングヘッドセットです。

2. Logicool G230

Logicoolが発売するエントリーモデルのヘッドセット「Logicool G230」ですが、こちらも重要な機能をしっかり押さえながら低価格で購入できる製品です。

違いとしては、40mmネオジウムドライバー搭載の高品質なステレオサウンドによって、ゲームプレイ時の細かな効果音も聞き取れること、また手元のコントローラーによってヘッドホンの音量調節やマイクのミュートが可能です。

3. Razer Electra V2

大手デバイスメーカーRazerの安価なゲーミングヘッドセット「Razer Electra V2」は、カスタムチューニングされた40mmドライバーを搭載しており、徹底的にゲームプレイに最適化されています。

またこの価格帯にもかかわらず7.1chサラウンドシステムを搭載していることから、同価格帯の製品の中では最もFPS/TPSなどのシューターゲームにおすすめのゲーミングヘッドセットと言えます。

★ ゲーミングヘッドセットおすすめ10選

では以下から、おすすめゲーミングヘッドセット10製品をランキング形式で紹介していきます。

ゲーミングヘッドセットは日本メーカーだけでなく、海外ゲーミングデバイスメーカーの製品も数多く発売されています。それら全てから快適なゲームプレイを行えるゲーミングヘッドセットを厳選しました。

10位.Logicool G433

Logicool製品によく見られる「そんな価格でこの機能を実現できたのか」と言える、コスパの良いゲーミングヘッドセットが「Logicool G433」です。

7.1chサラウンドシステム搭載によってゲーム内の敵の位置を把握しやすく、ゲームに特化した設計となります。とはいえ、ノイズキャンセリングマイクは取り外し可能となっており、普段使いにもOK。

特徴としては、通常のようなアルミ製ではなくファブリック素材を採用することで、軽量かつ長時間のゲームプレイも快適にこなせる仕様。おすすめです。

9位.SteelSeries Arctis 5

PUBGリリース当初に一世を風靡したとも言える定番ゲーミングヘッドセット「SteelSeries Arctis 5」も依然おすすめです。DeToNator所属のStylishNoobさんが愛用していた製品となります。

7.1chサラウンドシステムを搭載しているだけなく、専用ソフトウェアによるイコライザ調整が可能で、ゲームプレイ時の音が聞こえやすいように自分好みに設定できる点が高評価です。

SteelSeries独自仕様のノイズキャンセリングマイクも高品質で、複数人プレイ時のボイスチャットも安心です。

8位.Razer Kraken7.1 V2

「Razer Kraken7.1 V2」も7.1chサラウンドシステムを搭載しているゲーミングヘッドセットで、専用ソフトウェアによってイコライザ調整などの細かい設定が可能です。

ゲーム内の足音や銃声がしっかり聞こえるFPS/TPSにピッタリのゲーミング仕様を備えながら、格好いい重厚感のあるデザインとは裏腹に着け心地が軽いのもポイントとなります。

7位.HyperX Cloud Alpha

FPSタイトルの公式大会で使用された実績のあるHyperX Cloudシリーズ最新作「HyperX Cloud Alpha」は、ユーザーからの評判が非常に高いです。

その大きな理由の1つとしては、独自のデュアルチャンバードライバを搭載していることで、ゲーム内の細かいサウンドを際立たせながら、無駄な音はカットしてくれるのです。

ノイズキャンセリングは取り外し可能なうえ、手元のコントローラーによってオーディオの音量調節やマイクミュートも可能など、便利な機能もしっかり押さえている製品です。

6位.ゼンハイザー PC360 SE

1万円前後の同価格帯で非常におすすめしたいのが、この「ゼンハイザー PC360 SE」という”開放型”のゲーミングヘッドセットです。

大手オーディオメーカーから発売されている製品で音質の良さはお墨付きですし、独自の立体音響を実現するテクノロジーにより、敵の足音や銃声が鳴っている位置も分かりやすいです。

半年前までは価格が2万円以上していたのですが、2018年5月頃から約半額で販売されています。良い意味で値段に見合わないクオリティ、おすすめです。

5位.SteelSeries Arctis 7

先ほど紹介したArctis 5の上位互換品となる「SteelSeries Arctis 7」は、基本的な仕様はそのままに、無線(ワイヤレス)接続を可能にしたモデルです。

SteelSeries独自の技術によって、無線接続時も音の遅延や途切れることは発生せず、より快適なゲームプレイを可能にしてくれます。もちろん有線接続での使用も可能です。

4位.Logicool G933d

7.1chサラウンドサウンドを搭載した無線ゲーミングヘッドセット「Logicool G933d」は、なんとプログラミング可能なキーを3つ搭載している一風変わった製品です。

有線と無線どちらでも接続可能ですし、最大1,680万色から自由にRGBライトの色を設定可能で、他にあまり見られない機能がとても充実しているのです。

もちろんゲーミング性能も問題なく、7.1chによって臨場感のある音場を実現しており、敵の位置がしっかりと分かります。

3位.Razer Thresher7.1

「Razer Thresher 7.1」はPC/PS4向けの無線ゲーミングヘッドセットです。

特徴は何と言っても7.1 Dolly サラウンドサウンドシステムを搭載している点で、単なる7.1chサラウンドとは異なった”最上の立体音響”を実現しており、敵の足音や銃声が鳴っている位置が正確に聞き取れるのです。

こちらも無線接続ですが遅延や途切れることはなく、レザーレット製クッションによって着け心地もよく、快適に長時間のゲームプレイをこなせます。

2位.ゼンハイザー GSP 600

ゼンハイザーが販売するハイエンド向けゲーミングヘッドセット「Sennheiser GSP 600」は、独自のスピーカーシステムによってゲームプレイに最適化されています。

スピーカーの配置を見直すことで、よりリアルな音場感を実現しています。これによって、ゲームプレイ中に音が鳴った方向を正確に判断することが可能なのです。

密閉型でゲームへの没頭感を得られますし、集中して正確にゲームの音を聞き取りたいという方にはおすすめのゲーミングヘッドセットです。

1位.Astro Gaming A40

おすすめ第1位は、e-sports選手と提携して開発されたゲーミングヘッドセット「AstroGaming A40」です。

密かにFPSゲーマーの間で注目されている製品で、開放型を採用(別売りModKitによって密閉型に変更可能)しており、最高の音質と正確さを実現しています。

敵の足音が立体的に聞こえることで方向や距離も正確に判断できる、まさにFPS向けのゲーミングヘッドセットです。「敵の気配が感じ取れる」と表現するユーザーもいるほど。

ゲーミングヘッドセットの人気メーカー

数多くあるゲーミングデバイスを展開するメーカーの中でも、人気のあるゲーミングヘッドセット製品を発売しているメーカーを5つ厳選してご紹介します。

評判も良いことから、ここで紹介するメーカーの製品を使用しているユーザーはとても多いです。

1. Razer

ゲーミングデバイスメーカーの中でも定番である「Razer」は、数多くのゲーミングヘッドセット製品を販売しています。

そのラインナップの多さから、様々な価格帯の製品が用意されているだけでなく、必要な機能を選んで手に入れることができます。

「Razer」の製品をチェック

2. Logicool

同じく定番ゲーミングデバイスメーカー「Logicool」は、高性能なゲーミングヘッドセットを格安で提供しています。

基本的なゲーミング性能だけでなく、カスタマイズ性やRGBライトなどその他の機能性にもこだわりたいユーザーにおすすめのメーカーです。

「Logicool」の製品をチェック

3. SteelSeries

「SteelSeries」も同様に、非常に人気のあるデバイスメーカーの1つで、独自の技術を搭載したゲーミングヘッドセットを展開します。

Arctisという人気シリーズをはじめとしたラインナップは、全てがFPSゲーマーに嬉しい機能をしっかり揃えている製品です。

「SteelSeries」の製品をチェック

4. HyperX

Kingstonのゲーミングブランドである「HyperX」は、世界的に有名なデバイスメーカーです。

数々のプロゲーミングチームとスポンサー契約をしているだけでなく、有名なFPSタイトルのオフライン大会にて公式デバイスとしてHyperXのゲーミングヘッドセットが使用された実績もあります。

「HyperX」の製品をチェック

5. ゼンハイザー

開放型ヘッドホンでお馴染みの有名オーディオブランドである「Sennheiser(ゼンハイザー)」は、近頃ゲーミングヘッドセットの展開にも力を入れています。

さすが大手オーディオブランドだけあり、音質の良さには定評があります。同社のゲーミングヘッドセットシリーズは価格設定の割に高品質で、コストパフォーマンスを求める方にはおすすめです。

「Sennheiser」の製品をチェック

ゲーミングヘッドセットとあわせて導入したい

以下からは、ゲーミングヘッドセットとあわせて導入しておきたいアイテムをピックアップして紹介します。ゲーミングヘッドセットの性能を向上させたい方や利便性を求める方は必見です。

ヘッドホンハンガー

ゲーミングヘッドセットをPCデスク上にそのまま置くとスペースを余分に取りますし、本体が傷ついてしまう原因にもなります。そこで導入しておきたいのがヘッドホンハンガーです。

設置方法は様々で、デスク上にそのまま置くタイプからクリップで天板に取り付けるタイプなどが一般的です。

デスク上にそのまま置けるタイプ
デスクやラックなどに取り付けるタイプ

ヘッドホンハンガーがあれば、意外と場所を取りがちなゲーミングヘッドセットの置き場所にも困らず、コンパクトに収納できるため非常に便利です。是非導入してみてはいかがでしょうか。

サウンドカード

サウンドカードについて簡単に説明すると、PCから出力した音をスピーカーから出せるように信号を変換するパーツのことです。

PCではオンボードのサウンドカードがあらかじめ搭載されていますが、別途サウンドカードを導入している方も少なくありません。その理由が以下となります。

サウンドカードを導入するメリット

  • 使用しているゲーミングヘッドセットがさらに高音質に
  • イコライザ調整やステレオ設定などの細かな音のカスタマイズが可能
  • USB接続のみですぐ使用できるサウンドカードも

導入や設定が難しいと不安な方も多いと思いますが、今ではUSB接続のサウンドカードが増えています。USBケーブルを差し込むのみでオーディオの詳細設定が可能ですし、音にこだわりたいFPSゲーマーに是非おすすめしたい製品です。

Creative Sound BlasterX G5

こちらであればUSB接続のみで使用可能で、専用ソフトウェアによって細かな音の設定が可能となります。サウンドカードのベストセラー商品でもあります。

「Scout mode」というFPSゲームにおける敵の足音などの環境音をクリアに表現する機能や、ヘッドセットから聞こえる音をより高音質にする「ステレオダイレクト」機能など、FPSゲーマーに嬉しい仕様となっています。

さいごに

ここまで、本当におすすめできるゲーミングヘッドセット、また導入しておきたい周辺機器を紹介してきました。いかがでしたか?

当記事で紹介したゲーミングヘッドセットは、どれも多くのユーザーからの評判が高いものや、プロシーンでの実績がある製品ばかりです。あなたのゲーミングヘッドセット選びの参考になれば幸いです。

コメント

*

Return Top