【PUBG】待望のよじ登り・乗り越え動作が含まれたv1.0アップデートのテストを本日午前11時より開始

当初は10月30日にテスト開始を予定し、その後に予期しない問題が発生したことで延期となっていた『PUBG』テストサーバー向けPC版1.0アップデートですが、ついにテスト第1弾の実施スケジュールが発表されました。

テスト実施期間とモード

実施期間:日本時間で本日11月14日午前11時 ~ 明日15日午前11時

実施モード:NA Solo 1人称/3人称,Asia Solo 1人称/3人称

なお当初は3日間のテストを予定していましたが、テストサーバー向けクライアントにクラッシュする問題が発見されているため、24時間のみのテストとなるようです。

 


テストサーバー向けPC1.0 内容

クライアントの最適化

  • 最適化された地形データを使用してメモリ使用量を削減
  • 地形がロードが遅延する問題を軽減
  • 複数のプレイヤーが視界に入っているときに遅延する問題を軽減

サーバーの最適化

  • ネットワークのスループットを調整してサーバーのパフォーマンスが最適化された

アクション

  • 乗り越え・よじ登り動作の追加

ゲームプレイ

  • 車両の走行バランスが変更されています
    *我々は、より現実的になるように運転音を調整しています。車の音源が改善されます。
  • 車の運転はより現実的に調整されています
    *これはバランスの早い段階です。運転改善のためのフィードバックが必要です。
  • 乗り物や乗客のアニメーションを改善しました

弾道オーバーホール

  • 銃器から発射された発射体は、空気抵抗の影響を受けるようになりました。これは、発射体が時間の経過とともに速度を失い、弾丸の速度減少が大きくなり、移動時間が長くなることを意味します
  • 大きなスコープ(8x、15x)には、マウスホイール(デフォルト)を使用して倍率を可変できる機能が追加されました。
  • レッドドットサイト、ホロサイト、および2倍スコープでマウスホイールを使ってレティクルの輝度を調整できるようになりました。
  • ヒットエリアが修正されました
    – 首はヘルメットで保護されています
    – 胸部エリアへのダメージが増加しました
  • ベースダメージが武器クラスによって変更されました
    – 実際のダメージは乗数に基づいて考慮されるようになりました
    – 武器のベースダメージを変更
    – 距離によるダメージを設定
    – ヒットエリアによるダメージ乗数を追加
    – 武器クラスによる乗数を追加
  • ADSモードで被弾したときのブレを軽減
  • 非ADSモードで登場したカメラに近い武器やオブジェクトのぼかし効果を削除

乗り物

  • すべてのUAZモデルのサイズを統一し、座席数は4に減った

UI / UX

  • 在庫画面のバックパック容量UIを改善
情報元:Steam

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です