DPQP

国内外のゲーム攻略情報 & ゲーム周辺機器レビュー

【Realm Royale】エンジニア(Engineer)ガイド:クラスの特徴と各アビリティの性能、立ち回りについて解説

【Realm Royale】エンジニア(Engineer)ガイド:クラスの特徴と各アビリティの性能、立ち回りについて解説

『Realm Royale(レルム ロイヤル)』ではクラス制が導入されており、それぞれのクラスに特徴があります。

当記事は、エンジニア(Engineer)の特徴やパッシブや各アビリティの能力、クラス武器(レジェンダリー等級)について詳しく解説したうえで、エンジニアの基本的な立ち回りやプレイする上で役立つヒントを紹介するガイドとなります。

エンジニアのパッシブ / アビリティ

エンジニアは、周囲をヒールする設置物やシールドを展開できたり、自動で攻撃する設置物や持続ダメージを与えるボムも選択できる、ユーティリティに溢れたクラスです。

[固有パッシブ]
  • 毎秒5づつアーマーが回復する。
    • 戦闘時に高確率で削れるアーマーを自然回復でき、アーマーポーションを浪費する心配がありません。

[固有] スラスト
(Thrust)
  • 空中に勢いよく浮かび上がる。
    • クールダウン – 8 / 7 / 6 / 5 秒

ファイアーボム
(Fire Bomb)
  • 投げて命中したプレイヤーにダメージを与え、火のプールを作り、燃えている範囲では持続ダメージを与え続ける。
    • クールダウン – 16 / 14 / 12 / 10 秒
    • ダメージ – 最大HPの 3 / 4 / 5 / 6 %

バリケード
(Barricade)
  • 敵プレイヤーからの弾丸を防ぐ防御シールドを展開する。
    • クールダウン – 16 / 14 / 12 / 10 秒
    • 持続時間 – 4 / 6 / 8 / 10 秒

タレット
(Deploy Turret)
  • 範囲内の敵プレイヤーを自動的に攻撃する設置物を置く。
    • クールダウン – 20 / 16 / 12 / 8 秒
    • 持続時間 – 25 / 30 / 35 / 40 秒

ヒーリングトーテム
(Healing Totem)
  • 近くにいる味方プレイヤーを持続的に回復するトーテムを置く。
    • クールダウン – 20 / 16 / 12 / 8 秒
    • 持続時間 – 6秒 (回復は1秒あたり4回)
    • 回復量 – 10 / 20 / 30 / 40

固有アビリティであるスラストは、高く跳び上がって敵プレイヤーの位置を確認したり高所に登るのに便利です。その他4つのアビリティは攻守ともにバランスが取れており、戦略に応じて取捨選択したいところです。

以下ではエンジニアのおすすめアビリティ構成も紹介していますので、是非参考にしてみてください。

エンジニアのクラス武器

エンジニアのクラス武器「プラズマランチャー(PLASMA LAUNCHER)」は、敵プレイヤーに直接命中させると800ダメージ、さらに着弾地点の周囲に400ダメージを与えます。

鍛冶場にて120シャード鶏肉1つ、所要時間60秒で製作することが可能です。


プラズマランチャー
(PLASMA LAUNCHER)
  • 800ダメージ、毎秒1発撃てる
  • 鍛冶場にて製作可能(120シャード、鶏肉1つ、所要時間60秒)

相手が隠れている場所の近くに撃つことで400ダメージ与えることができ、グレネードのように敵を炙り出すことも可能です。しかし射程距離はとても短く、銃弾が著しく落下してしまうのが難点。

おすすめのアビリティ構成

一通りのエンジニアの性能や能力を解説したところで、おすすめのアビリティ構成を紹介します。

ユーティリティ溢れたエンジニアですから、3種類のアビリティ構成を掲載しています。自分のプレイスタイルに合ったものを試してみてください。

1.バリケード、ファイアーボム

  • エンジニアの攻撃的なアビリティ構成
  • ファイアーボムは敵に命中させることでかなりの持続ダメージを与えられる
  • バリケードによって全ての着弾を防ぐことができる
  • 攻守ともに優れているバランスの取れた選択

2.バリケード、タレット

  • エンジニアのより戦略的なアビリティ構成
  • バリケードでタレットを保護しながら一方的にダメージを与えられる
  • 鍛冶屋(Forge)を占拠するときに上手く機能する戦略と言える

3.バリケード、ヒーリングトーテム

  • エンジニアの守備的なアビリティ構成
  • バリケードによって全ての着弾を防ぐことができる
  • ヒーリングトーテムで自身を含む味方プレイヤーを回復できる
  • デュオ、スクワッド向けの選択

エンジニアの立ち回り

以下からは、エンジニアの基本的な立ち回り、プレイする上で役立つヒントをいくつか紹介します。

1. スラスト(Thrust)の活用法

エンジニアの固有アビリティであるスラストは、アサシンやハンターのような地上での移動アビリティしか持たないクラスからの被弾を防ぐことができます。

また、スラストは使用中でも射撃を行えるので、必ず活用するようにしてください。他クラスの移動アビリティのほとんどは使用中に武器を発射できません。

2. バリケード(Barricade)は近距離戦に強い

敵の銃弾を防ぐアビリティであるバリケードは、主に近距離戦で真価を発揮します。バリケードを設置した方向に関係無く、裏表ともに銃弾の通過を防いでくれるのです。

つまり近距離戦でバリケードを展開し、常に敵プレイヤーと自分との間にバリケードを介す形で撃ち合うことができれば、非常に多くのダメージをカットすることが可能です。

3. ファイアーボムで敵を炙りだす

ファイアーボム(Fire Bomb)は直接命中した敵プレイヤーにダメージを与えるだけでなく、周囲に燃え広がって範囲ダメージを与えます。

例えば、鍛冶場(Forge)で敵プレイヤーが通らざるを得ない通路などに投げることでダメージを与えられ、壁越しでもダメージエフェクトとともに敵の位置を確認できます。

コメント

*

Return Top