DPQP

国内外のゲーム攻略情報 & ゲーム周辺機器レビュー

NVIDIAが「GeForce RTX 2080 Ti」を含む最新グラフィックボード3種を正式発表。オーバークロック時には”TITAN V”とほぼ同性能で価格は約3分の1へ

NVIDIAが「GeForce RTX 2080 Ti」を含む最新グラフィックボード3種を正式発表。オーバークロック時には”TITAN V”とほぼ同性能で価格は約3分の1へ

現地時間8月20日、ドイツにて開催されたNVIDIA主催のイベント「GeForce Gaming Celebration」にて、最新グラフィックボード「GeForce RTX 2000 シリーズ」が発表されました。

今回発表されたのは「GeForce RTX 2080 Ti」「GeForce RTX 2080」「GeForce RTX 2070」の3種ですが、NVIDIAの革新的なTuringアーキテクチャとRTXプラットフォームによって大幅に性能が向上しており、WQHDや4Kといった高解像度でのゲームプレイ向けに設計されているとのこと。

発表内ではベンチマークなどは公開されておらず、具体的な性能差は明らかになっていませんが、当記事にて「GeForce RTX 2000 シリーズ」のスペックや価格を分かる範囲でまとめています。

NVIDIA最新グラフィックボード「GeForce RTX 2000 シリーズ」

NVIDIAの最新グラフィックボードの名称は「GTX 1100 シリーズ」や「GTX 2000 シリーズ」ではなく、「RTX 2000 シリーズ」。

まずは「GeForce RTX 2080 Ti」「GeForce RTX 2080」「GeForce RTX 2070」の3種がお披露目となりました。既にNVIDIA公式サイトより予約開始されており、出荷は9月20日より順次行うとのことです。

リアルタイムタイムレイトレーシングに対応

レイトレーシングとは、映画でよくみられる炎や煙、爆発などの特殊効果を3DのCGによってリアルに表現する技術のことです。GeForce RTX シリーズは、そんなレイトレーシングをリアルタイムに演算する”リアルタイムタイムレイトレーシング”技術に対応しています。

もちろん、リアルタイムレイトレーシングに対応したGPUは「GeForce RTX シリーズ」が初めて。これまでとは一線を画したリアルな描写がPCゲームの画面内で実現することになります。

「GeForce RTX 2080 Ti」スペック

「GTX 1080 Ti」に搭載されているGP102はCUDAコアが3,584個でしたが、「GeForce RTX 2080 Ti」には4352個のCUDAコアで構成されたTU102 GPUコアが採用されています。さらにトランジスタ数では、現行のPascalが120億個に対してRTXシリーズのTuringは186億個も搭載されており、大幅な処理性能の向上が期待できます。

  • GPUアーキテクチャ
  • ブーストクロック
  • フレームバッファ
  • メモリ速度
RTX 2080 Ti FE
  • Turing
  • 1635 MHz (OC)
  • 11GB GDDR6
  • 14 Gbps
RTX 2080 Ti
  • Turing
  • 1545 MHz
  • 11GB GDDR6
  • 14 Gbps
GTX 1080 Ti
  • Pascal
  • 1582 MHz
  • 11 GB GDDR5X
  • 11 Gbps

通常の「RTX 2080 Ti」ではクロック周波数1350MHzで、オーバークロック時1545MHz。GDDR6さらに初期生産版の「RTX 2080 Ti ファウンダーズエディション」では、オーバークロック時に1635MHzまで引き上げることが可能です。ビデオメモリは世界最速のGDDR6が11GB搭載されており、14GB/秒という驚異的な速度を誇ります。

NVIDIAのCEO Jen-Hsun氏によって、オーバークロック時の「RTX 2080 Ti」はTITAN Vとほぼ同性能で、ほとんどの場合でGTX 1080 TiのSLI(2枚挿し)よりも高い性能を誇るということも明らかになっています。

そんな高い処理能力を誇る「RTX 2080 Ti」ですが、消費電力は従来のフラッグシップと変わらず250Wとのこと。パソコン全体で見ると700W前後の電源ユニットを搭載しておけば問題ないようです。

「GeForce RTX 2080 Ti」価格

NVIDIA公式サイトより

「GeForce RTX 2080 Ti」の販売価格は、初期生産版のファウンダーズエディションが1,199ドル、通常版が999ドルとなっています。既にNVIDIA公式サイト (海外) より予約可能で、2018年9月20日頃から順次出荷する予定とのこと。日本で販売される際の価格は今のところ不明です。

カジュアルゲーマーからすると決して安い価格とは言えませんが、販売価格3,000ドルの「TITAN V」並みのゲーミング性能を誇るグラフィックボードを1,199ドルで手に入れられると考えれば、ハイエンド志向のユーザーには需要があると言えます。

「GeForce RTX 2070」は499ドルから

なお、今回発表されたTuringアーキテクチャ搭載の最新グラフィックボード”RTXシリーズ”の中でも、「GeForce RTX 2070」は499ドルと比較的お求めやすい価格で手に入れることが可能です。以下にて3製品の公式スペックを掲載しておくので、気になる方は比較してみてください。

Graphics Card Name NVIDIA GeForce RTX 2070 NVIDIA GeForce RTX 2080 NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti
GPU Architecture Turing GPU (TU104) Turing GPU (TU104) Turing GPU (TU102)
Process 12nm NFF 12nm NFF 12nm NFF
Die Size TBD TBD 754mm2
Transistors TBD TBD 18.4 Billion
CUDA Cores 2304 Cores 2944 Cores 4352 Cores
TMUs/ROPs 144/64 184/64 272/88
GigaRays 6 Giga Rays/s 8 Giga Rays/s 10 Giga Rays/s
Cache 4 MB L2 Cache? 4 MB L2 Cache? 6 MB L2 Cache
Base Clock 1410 MHz 1515 MHz 1350 MHz
Boost Clock 1620 MHz
1710 MHz OC
1710 MHz
1800 MHz OC
1545 MHz
1635 MHz OC
Compute TBD TBD TBD
Memory 8 GB GDDR6 8 GB GDDR6 11 GB GDDR6
Memory Speed 14.00 Gbps 14.00 Gbps 14.00 Gbps
Memory Interface 256-bit 256-bit 352-bit
Memory Bandwidth 448 GB/s 448 GB/s 616 GB/s
Power Connectors 8 Pin 8+8 Pin 8+8 Pin
TDP 180W 215W 250W
Price $499 US $699 US $999 US
Price (Founders Edition) $599 US $799 US $1,199 US
Launch September 2018 August 2018 August 2018

なお、今回の発表で明らかになった「GeForce RTX 2000 シリーズ」でレイトレーシングを利用できるゲームは『Shadow of the Tomb Raider』『Metro Exodus』『Battlefield V』の未発売3タイトル。リリース済みのタイトルに関しては別途対応を進めるとのことです。

最新世代GPUの登場で、これまでフルHD解像度が一般的だったPCゲームのプレイ環境は大きく変化するかもしれません。

情報元:NVIDIA, wccftech

コメント

*

Return Top