DPQP

ゲーミング周辺機器のリリース情報 & 実機レビュー

2018年アジア競技大会にて『リーグ・オブ・レジェンド』含む6つのe-sportsタイトルが採用

2018年アジア競技大会にて『リーグ・オブ・レジェンド』含む6つのe-sportsタイトルが採用

2018年8月18日(土)から9月2日(日)にかけてインドネシアにて開催される第18回アジア競技大会ですが、競技として採用された6つのe-sportsゲームタイトルが明らかになりました。

第18回アジア競技大会

2022年夏に中国で開催予定のアジア競技大会においては、e-sports競技が公式メダル種目として実施予定です。それに先駆け、今年の夏に開催される第18回アジア競技大会では、e-sportsがデモンストレーション競技として行われるようです。

5月10日から31日までの登録期間中、アジア地域のオリンピック委員会は、各ゲームごとに1チームまたは1選手を登録可能です。6月からは各地域でエリア予選が行われ、勝ち抜いた代表チーム(選手)が本戦に出場できるという流れです。もちろんこれには日本も含まれています。

e-sports競技タイトル

チーム競技 (TEAM EVENT)

  • League of Legends (MOBA)
  • Pro Evolution Soccer 2018 (Sports)
  • Arena of Valor (MOBA)

個人競技 (INDIVIDUAL EVENT)

  • Star Craft II: Legacv of the Void (RTS)
  • Hearthstone (Card)
  • Crash Royale (Card)

アジアのeスポーツ市場を考慮してか、MOBAタイトルやモバイルゲームが積極的に採用されています。また今回、競技性が高いことからe-sportsの定番ともなっているFPSタイトルは、銃で撃ち合うというゲーム性からか1つも採用されていません。

なお、2026年は愛知県名古屋市にて「第20回アジア競技大会」の開催が決定しています。アジア圏では既にeスポーツが競技として認められているなか、日本のeスポーツ事情が今後どのように動いていくのか、期待が掛かるところです。

情報元:AESF

コメント

*

Return Top