DPQP

ゲーミング周辺機器のリリース情報 & 実機レビュー

『フォートナイト バトルロイヤル』大型アップデート”V5”の開発状況が公開、多くの新機能や改善点

『フォートナイト バトルロイヤル』大型アップデート”V5”の開発状況が公開、多くの新機能や改善点

Epic Gamesは、『フォートナイト バトルロイヤル』の大型アップデートとなる「V5」の開発状況を公式サイト上にて公開しました。

大型アップデート「V5」には多くの新機能や改善点が含まれています。例えば、新たな期間限定モードパフォーマンス/品質の改善、また公式大会に向けたリプレイ機能の改善などが挙げられます。

現在は開発中ですので配信時期は明らかになっていませんが、テストを経て準備が整い次第ゲームに実装されリリースするとのことです。開発状況の詳細につきましては、以下をご覧ください。

フォートナイト バトルロイヤル v5 開発状況

コントローラー

『フォートナイト』のバトル、建築、移動について、コントローラーでいかに快適に操作していただけるようになるかを模索し続けています。その第1弾としてビルダープロの操作性を調整しました。皆さんからのフィードバックを参考に、コンソール版のプレイヤーが建築ピースを切り替えやすくなるようにしています。

ビルダープロの改善
ビルダープロに対して操作性が安定しないとのフィードバックを受けました。建築ピースを素早く切り替えるとボタンを押しても設置できない、また同じように、ターボ建築を行うと1度ボタンを放して再度押さないと建築が始まらないなど、ストレスの溜まる操作性になっていました。これらの問題を修正したことで、ビルダープロの操作性はより安定したものになっています。

ターボ建築の改善
v4.3のアップデートにて、ターボ建築機能で報告された様々な問題を修正しました。これで、トラップの切り替え中や特定のボタンの組み合わせで建築がキャンセルされるといったことが発生しなくなります。

さらに、ターボ建築の速度も上げました。これにより、素早く建築しても建築物に隙間が発生しなくなります。建築開始の最初は0.15秒かかりますが、その後のピースはより速く建築されます(0.05秒)。ビルダープロと組み合わせることで、設置の前にピースの選択、回転、編集に十分な時間をかけられるようになりました。

編集モードの照準アシスト
コントローラーを使用して編集モードで建築物を修正すると、照準アシストが機能し、照準線が一番近くのスクエアに引き寄せられます。また編集している建築ピースに対しても照準補正が入りますが、この機能に対して扱いづらいとの声が一部のプレイヤーから聞かれました。そのため、v4.3のアップデートでは編集モードの照準アシストのオン/オフを切り替えられるようにします。

カスタム割り当て
将来を見据えて、コンソール版で最大限にゲームを楽しんでいただけるようにしたいと考えています。その中には好きなように設定を変えてプレイできるようにすることも含まれます。どのボタンでも使いやすいように割り当てられる方法がないか、現在調査中です。さらに、スティック軸の再割り当てなど、他の側面の調査も行っています。いつお届けできるかまだ分かりませんが、十分な検証を実施でき次第、さらなる情報をお届けします!

期間限定モードとアイテム

期間限定モードでは、既存のゲーム要素を基にして、刺激的な新しい試みを行ってきました(ソリッドゴールドのレジェンド戦利品やブリッツのスピーディーなマッチなど)。私たちは期間限定モードを、メインのゲームモード(建築素材など)とは違った調整を試すことができ、また通常のプレイリストではやらないようなことを実施できる場所だと捉えています。

50対50につきましては、ご好評をいだだいております。このようなタイプのバトルを楽しみにしているプレイヤーの皆さんに向けて、より大規模なスクワッドモードをいつでも配信できないかを現在検討中です!

ソロ頂上決戦
対戦プレイがいかにあるべきかを考える第1弾として開催したのが、ソロ頂上決戦です。『フォートナイト』に相応しい対戦プレイがどのようなものかを探求しながら、賞品獲得を目指して競い合いたいプレイヤー向けに新たな場所を作り出しました。

ジェットパック
期間限定アイテムとして、今週、ジェットパックを追加しました。ゲームプレイを劇的に、そしてユニークな方法で変えることが、アイテムを追加する目的です。お寄せいただいたフィードバックや収集したデータは引き続き確認していきます。間もなく開催される期間限定モード「クロースエンカウンター」でもジェットパックが登場しますので、お楽しみに!


期間限定モード: 遊び場(v1)
期間限定モード「遊び場」は、一部調整を加えた「バトルロイヤル」マップでプレイしていただけます。

現れる素材が増えるだけでなく、時間も延長しているので、マップを歩き回りながら、思う存分バトルや建築を楽しめます。全ての宝箱と弾薬箱が出現しますので、様々なスポットに立ち寄って戦利品を探してみましょう。味方への攻撃が有効なので、スクワッドとの実戦練習うも可能です(1マッチにつき最大フレンド4人まで)。すぐリスポーンされるため心配は要りません。

そうそう… ラマもたくさんいます。

注: 統計データやチャレンジはこのモードではトラッキングされません

これはクリエイティブなモードが『フォートナイト』でどうなるかを試す第1弾になります。練習して、戦略を立て、楽しみましょう。皆さんがどんな風にプレイしてくれるのかが楽しみです!

パフォーマンス

仕事や授業でくたくたになった後で『フォートナイト』をプレイしていただけるなら、最初から最後のマッチまでを快適に楽しんでもらうことが大事になります。パフォーマンスはゲームの1つの側面で、私たちが最も重要視する部分であり、かつ継続して改善していかなければなりません。日々のプレイをより快適に楽しんでいただけるよう、以下の取り組みを行っています!

遅延発生の解明について
v4.1アップデートにおいて、大幅な遅延に対応するホットフィックスを配布しましたが、データ内でのこういった遅延の報告が引き続き寄せられています。ゲームのフリーズを起こしうる問題を見つけ出すために、さらなるロギングと診断プログラムを加えました。ゲーム内のフィードバックレポート機能をご使用いただくことで、私たちは問題の原因を突き止めることが可能になります。

データのストリームがバックグラウンドでスムーズに行われるのではなく、マッチ中の予期せぬ時にゲームが止まってコンテンツのロードが始まってしまうため、多くの遅延が発生することが分かっています。今後はこのようなロードの問題が、ゲームから開発チームに直接レポートされるようになります。マッチ開始前にコンテンツをより確実に前もってロードする新しいシステムも加わり、ロードによる遅延が今後のアップデートでまた発生することはありません。

ロード時間の最適化
皆さんにはプレイボタンを押した後に、できるだけ短い時間でマッチを始めてもらいたいと思っています! ファイルパフォーマンスの改善や、ビジュアルを時間内に確実にロードできるように取り組みを進め、ロード時間全体を削減してきました。パッチのアセット順序を最適化することで、v3.5のアップデートではコンソール版でのロード時間を15~30秒削減しました。ロード時間を抑えるため、各主要リリースでは定期的なアップデートを行っています。

サーバーのパフォーマンス
先日、標準ゲームモードのサーバーティックレートを20Hzから30Hzに引き上げました。つまり、サーバーはこれまでよりゲームを50%速くし、ゲーム内のアクションの反応速度が改善されるはずです。しかしまだ改善の余地はあります。私たちは高速で一貫したサーバーパフォーマンスを極めて重要視しており、引き続き全力で取り組んでいきます。

次の目標は、50対50のような期間限定モードの「大規模チーム」がマッチ全体を通して確実に30Hzに達するようにすることです。

サーバーポジションのアップデート
大規模なチームモードでは、ゲーム内での行動に基づいてプレイヤーを適応させ更新させる最適化を行いました。静止しているプレイヤーは、走ったり武器を撃ったりしているプレイヤーに比べて、それほど頻繁に周りにいる全員を更新する必要はありません。同様に、遠く離れたプレイヤー、特に見えないプレイヤーは頻繁に更新されません。これらの最適化により、サーバーはより大人数のプレイヤーに対処できるようになります。

クライアントネットワークのアップデート
現在ゲームは、ネットワークで送られるプレイヤーの動作データの周波数を、ゲームのおよそ前半部にわたり20Hzに制限しています。これはサーバーの物理システムへの負担軽減で、これによりフレームレートを維持することが可能です。マッチに参加するプレイヤーが24人まで縮小されるので、アップデートの周波数を33Hzまで上げます。サーバー物理計算のパフォーマンスを徐々に改善していくことで、今後のアップデートではこの制限をなくしていけると考えています。

品質について

私たちはコアとなるゲームプレイ体験の改善を続けており、対処中の機能がたくさんあります!

チャレンジ進行状況の通知
v4.3では、チャレンジ進行状況を知らせるマッチ内ポップアップが始まります。自分が何をクリアしたかを確認し、残りのマッチや次のマッチに向けて戦略を練りましょう!

ワールド内マーカー
マップ上に位置をマークすることは、スクワッドとコミュニケーションを図る良い方法ですが、コンパス上のマーカーでは目的地にたどり着くのに十分でないことがよくあります。アイランド周辺のナビゲーションをより簡単にするワールド内マーカーの表示方法を現在調査中です。

Victory Royale画面
Victory Royaleの獲得は忘れられない体験であり、ビクトリー画面はそれをサポートすべきです。セレブレーションをリフレッシュし、もう少し実りあるものにしたいと思っています。

高解像度ミニマップ
マップを拡大表示する機能が最近のアップデートで加わりましたが、画像の解像度は私たちの期待するほど良くはありません。目標は、可能な限り詳細にワールドをとらえ、どこに降りるのかを把握しやすくすることです!

より良い足音とバーティカル音声
v4.2のアップデートでは、足音の効果音改善が行われ、上/下サウンドにわずかなバリエーションが加わりました。しかし、高密度なロケーション(ティルテッド・タワーなど)で、敵の位置を特定するのにはまだ難しいということは認識しており、こちらについては引き続き調整を続けます。

観戦用UIの改善
観戦用UIには、プレイヤーHUD上にある多くの情報が不足しています。以下は追加を検討しているものの一例です:

  • アイテムインベントリ
  • 弾薬
  • 照準線
  • 建築編集
  • コンパスとマーカー

ビジュアル
全てのコスチュームとビジュアルには価値があります。コレクションを通して、徐々にもっと良いものをゲットできる方法を加えたいと考えています! こちらは現在進行中で、もう少し時間が必要です。

リプレイ

E3のセレブ+プロアマに向けて、リプレイ機能の改善に全力で取り組んでいます。

現在、任意のあらゆるポイントの周りを回ることのできる新しいカメラ機能を開発中です。またカメラには、1人だけではなくプレイヤーのグループにフォーカスして、動きを自動追跡させようとしています。

さらに、プレイヤーリストにより多くの機能性を加え、マップ上のプレイヤーマーカーに弾丸軌道を加えるため、リプレイのマップ表示を改良しています。また、プレイヤーのネームプレートが可能な限り重なり合わないよう調整を行いました。

最後に、プレイヤーのアウトラインの改善にも着目し、プレイヤーが建築物に入った際や、積極的に建築している際に、X線ビューが表示されるようになりました。これにより、常に何が起きているかがよく見えるようになります。

情報元:Epic Games

コメント

*

Return Top