DPQP

国内外のゲーム攻略情報 & ゲーム周辺機器レビュー

【PUBG】有名ストリーマーShroudが1ヵ月のBAN処分。配信中に野良チーターとプレイしたことが原因

【PUBG】有名ストリーマーShroudが1ヵ月のBAN処分。配信中に野良チーターとプレイしたことが原因

人気バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)』にて、自身をモチーフにした武器スキンがゲーム内でリリースされているなど、公式で伝説のコンテンツクリエイターとして認められる”Shroud”氏が、1ヵ月のアカウントBAN処分を受けました。

Shroudが1ヵ月のアカウントBAN処分

Shroud氏が同作をプレイしている様子をTwitchで配信していると、配信画面を見ながら配信者をゲーム内で追いかける行為”ゴースティング”をするユーザーに追いかけられます。一般プレイヤーならばまだしも、彼らはチートを使用しているユーザーでした。空を飛ぶ車にShroudはキルされてしまいますが、その次のマッチでは同チーターをキルしてファンを湧かせます。

その後Shroud氏は、何を思ったかWadu氏とチーター2人とのSquadを組みます。一緒に空を飛ぶ車に乗って移動し、ウォールハックを使用していると思われるチーターに敵の位置を伝えてもらってキルするなどしたプレイの様子をTwitchにて配信しました。途中、チーターが「生計を立てるためにチートを販売している」という発言をした際、Shroud氏はその発言を制止させています。

その後Shroud氏はチーターとのSquadを解散して通常のマッチを行っていたところ、突然ゲームプレイが中断されてアカウントの1ヵ月BAN処分を受けます。Shroud氏はPUBGをシャットダウンし『Rainbow Six Siege』をプレイしながら「楽しい時間を過ごそうと思っていた。明らかに自分が何をしているのか理解していたが、それは良い考えではなかった。チーターと一緒にプレイする様子を視聴していた人たちに申し訳なく思う。」と反省モードへ。

多くのプレイヤーの目に触れがちなストリーマーの行動はより適切なものである必要があると言えます。過去にはDrDisRespect氏がチームキルによってアカウントBAN処分を受けた事例も。

もちろん一般のプレイヤーの方も、他の悪質なプレイヤーと協力するなどの行為は許されないので、絶対に行わないようにしていただきたいです。

コメント

*

Return Top