DPQP

ゲーミング周辺機器のリリース情報 & 実機レビュー

PUBGを快適に動かすゲーム環境の構築ガイド:おすすめのゲーミングPC、ゲーミングデバイスまとめ

PUBGを快適に動かすゲーム環境の構築ガイド:おすすめのゲーミングPC、ゲーミングデバイスまとめ

これまで当サイトでは、PUBGを快適にプレイしたい人におすすめできるゲーミングPCやグラフィックボード,ゲーミングデバイスなどのゲーム周辺機器を多数紹介してきました。

当記事はPUBGに最適なゲーム環境の構築ガイドとして、それらの製品をまとめてみました。これからPC版に移行する方や、ゲーミングPCやデバイスの買い替えを検討している方は必見です。

PUBGを快適にプレイするための周辺機器

  • ゲーミングPC(買い替えるならばグラフィックボード)
  • ゲーミングモニター
  • ゲーミングヘッドセット
  • ゲーミングキーボード
  • ゲーミングマウス

PUBGにおすすめのゲーミングPC

まず『PUBG』はそこそこのスペックを要求されるゲームです。最近サービス開始した新作タイトルも同様で、オンラインゲームをプレイするのに要求されるスペックが上がってきている印象。

それも踏まえ、『PUBG』を快適にプレイするために最もおすすめできるゲーミングPCはこちら。

60fpsと144fpsでは歴然の違いがあり、

平均60fps以上でプレイしたい方は「GALLERIA DJ」

『PUBG』をとにかく価格重視で平均60fps以上の快適なプレイをしたい方には、GALLERIA DJがおすすめとなります。
GALLERIA DJは、最新8世代CPU「Intel Core i5-8500」とコストパフォーマンスの高いグラフィックボード「GeForce GTX 1060 3GB」を搭載した、エントリークラスのゲーミングPCです。

「GALLERIA DJ」 仕様、スペック
OS Windows10 Home (64bit)
CPU Intel Core i5-8500
マザーボード Intel H310 チップセット搭載 MicroATXマザーボード
メモリ 8GB DDR4 SDRAM (4GB×2)
GPU NVIDIA GeForce GTX1060 3GB
HDD 1TB
SSD
電源 DELTA 450W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
付属品 GALLERIA Gaming Keyboard / レーザーマウス(USB接続)
サイズ 幅185 × 奥行395 × 高さ370mm
重量 約8.2kg
保証 購入から1年間 (3年間延長保証有り)

『PUBG』の動作ですが、公式が発表している推奨スペックからも「Core i5-8500」「GeForce GTX 1060 3GB」で平均60fpsの動作が可能と言えます。

フルHD解像度の『PUBG』を平均60fps以上で動作させられるゲーミングPCの中では、こちらのGALLERIA DJが最も価格が安く、価格を重視する方にはベストなゲーミングPCと言えるでしょう。

「GALLERIA DJ」の価格と詳細を見る

平均144fps前後でプレイしたい方は「GALLERIA ZZ」

『PUBG』で144hz対応ゲーミングモニターを最大限に活用したい、またはWQHDや4K解像度で動作させたいという方には、ゲーミングPC「GALLERIA ZZ」をおすすめします。 GALLERIA ZZは、最新8世代CPU「Intel Core i7-8700K」と現状最高性能のグラフィックボード「GeForce GTX 1080 Ti」を搭載した、ハイエンドゲーミングPCとなります。

「GALLERIA ZZ」 仕様、スペック
OS Windows10 Home (64bit)
CPU Intel Core i7-8700K
マザーボード Intel Z270 チップセット搭載 ATXマザーボード
メモリ 16GB DDR4 SDRAM (8GB×2)
GPU NVIDIA GeForce GTX1080 Ti 11GB
HDD 3TB (無料アップグレード中)
SSD 500GB SSD
電源 SILVERSTONE 750W 静音電源 (80PLUS PLATINUM)
付属品 GALLERIA Gaming Keyboard / レーザーマウス(USB接続)
サイズ 幅207 × 奥行520.7 × 高さ450.2mm
重量 約13.9kg
保証 購入から1年間 (3年間延長保証有り)

「Intel Core i7-8700K」と「GeForce GTX 1080 Ti」を搭載しており、『PUBG』を非常に快適にプレイすることができます。このスペックであれば平均144fps前後にも届きます

144hz駆動ゲーミングモニターを最大限に活用して『PUBG』をプレイすることが可能ですし、もちろん録画・配信も問題なく行えます。このゲーミングPCで動作しないゲームは存在しないと言えるほどハイスペックな製品です。

「GALLERIA ZZ」の価格と詳細を見る

”PUBG大会使用ゲーミングPC”も選択肢の1つ

ドスパラは、PUBGの公式オフライン大会である「PUBG JAPAN SERIES」にて使用するゲーミングPCを提供しています。つまり、公式大会使用モデルが一般ユーザーでも手に入るということ。

PUBGの公式大会で使用されている「GALLERIA SZ」ならば、PUBGの快適なプレイは保証されているも同然です。また、選手と同じ環境でプレイしたいという方にもおすすめできます。

GALLERIA SZは、最新8世代CPU「Intel Core i7-8700」とコストパフォーマンスの高いグラフィックボード「GeForce GTX 1080 Ti 11GB」を搭載した、ハイエンドゲーミングPCです。

「GALLERIA SZ」 仕様、スペック
OS Windows10 Home (64bit)
CPU Intel Core i7-8700
マザーボード Intel B360 チップセット搭載 Mini-ITXマザーボード
メモリ 16GB DDR4 SDRAM (8GB×2)
GPU NVIDIA GeForce GTX1080 Ti 11GB
HDD 2TB
SSD 640GB
電源 SILVERSTONE SFX 600W 静音電源 (80PLUS GOLD)
付属品 GALLERIA Gaming Keyboard / レーザーマウス(USB接続)
サイズ 幅105 × 奥行350 × 高さ382mm
重量 約7.2kg
保証 購入から1年間 (3年間延長保証有り)

「GTX 1080 Ti 11GB」を搭載しているので、『PUBG』は平均144fps前後で快適に動作します。144hz駆動のゲーミングモニターとも相性抜群で、通常よりも有利なゲームプレイが可能です。

公式大会で使用されているモデルですので、『PUBG』の動作は問題ありませんし、非常に高スペックですので他の用途でもサクサク動きます。

「GALLERIA SZ」の価格と詳細を見る

PUBGが快適に動作するゲーミングPC、推奨スペックについてさらに詳しく知りたい方は、当サイトにて掲載している以下のような記事も参考にしてみてください。

PUBGにおすすめのゲーミングモニター

ゲーミングデバイスの中で、『PUBG』ではモニター選びが最優先と言えます。

「リフレッシュレート」という数値が”画面を1秒間に何回描写するか”を意味するのですが、例えばPUBGで平均100fps出ていても、モニターのリフレッシュレートが60hzだと非常に損をしています。このfpsやhzという数値は、たった10変わるだけでも体感できるほど重要なものです。

144hzゲーミングモニターなら「BenQ ZOWIE XL2536」

 

平均fpsが75以下の場合

『PUBG』は要求スペックが高いので、プレイしている人の大半が平均75fps以下でプレイしていると思います。そんな方におすすめできるゲーミングモニターがこちらです。

Acerから発売されているゲーミングモニターですが、約15,000円で購入できる製品の中では高い性能を誇っており、PUBGをプレイする上で非常にコスパが良いと言えます。仕様とスペックは以下の通りです。

  • 解像度 1920×1080
  • 画面サイズ 23.6インチ
  • 応答速度 1ms
  • リフレッシュレート 75hz

なぜPUBG用途でのコスパが良いかというと、リフレッシュレートが75hzという点にあります。つまりこのディスプレイは1秒間に最大75回の描写をできます。平均fpsが75以下の人には最適なゲーミングモニターと言えます。

平均fpsが75を超えている場合

逆に言えば、もし性能の高いゲーミングPCを使用していてPUBGが平均75fpsを超えている場合は、75を超えた数値が無駄になってしまいます。そういった場合は以下の製品がおすすめです。

BenQから発売されている定番ゲーミングモニターです。価格は約29,000円と跳ね上がりますが、非常に大きい見返りがありますので以下で解説しますね。仕様・スペックは以下の通り。

  • 解像度 1920×1080
  • 画面サイズ 24インチ
  • 応答速度 1ms
  • リフレッシュレート 144hz

このゲーミングモニターはリフレッシュレートが144hzなので最大144fpsまで対応しており、1秒間に144枚の描写をしてくれます。非常に滑らかで対人ゲームの素早い動きにもついていけるようになります。ゲームに関してはリフレッシュレートの影響は非常に大きいので、デバイスとしての優先順位も高めです。

ゲーミングPCに高いお金を出してゲームで高いfps数値を出していても、モニターのリフレッシュレートが足りていなければ宝の持ち腐れとなってしまいます。意外と見落としがちなので、一度見直してみてください。

21:9モニターで視野を広げる

また一般的なモニターはアスペクト比が16:9だが、『PUBG』では21:9モニターを使用することで視野が広がる仕様となっています。以下が16:9と21:9を使用した際の比較画像となります。

f:id:deepeequepee:20171010013920p:plain

見れば分かる通りかなり視野が広がっています。1画面で多くの情報を得ることができ、索敵な重要な『PUBG』においては非常に有利となるので、導入を検討してみてはいかがでしょうか。以下がおすすめの21:9モニターとなります。

大手メーカーLGから発売されている21:9モニターですが、非常に高価かと思いきや、なんと30,000円から購入できます。以下が簡単な仕様・スペックとなります。

  • 画面サイズ 29インチ
  • 解像度 2560×1080
  • 応答速度 5ms
  • リフレッシュレート 60hz

やはり応答速度やリフレッシュレートは劣りますが、そもそもアスペクト比21:9の高解像度で『PUBG』を動かすとなると平均60fpsを超える数値はなかなか出ないので、気にしなくても平気です。

ゲーミングモニターをもっと見る

リフレッシュレートの仕組みや144hzゲーミングモニターについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事:非常に滑らかな描写でゲームを有利に進められる!「応答速度1msの144hzゲーミングモニター」のおすすめ3選

ここでは簡単に解説しましたが、こちらの記事にてPUBGにおける21:9モニターの利点や、おすすめの製品をさらに詳しくまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:【PUBG】アスペクト比21:9のワイドモニターを使用すると横の視野が広がっておすすめ

PUBGにおすすめのゲーミングヘッドセット

様々なところで言われていますが『PUBG』では音が重要となります。敵プレイヤーが鳴らした音で方向や位置が分かったり、逆に自分が鳴らした音によって位置がバレることもあります。

またイヤホンでは音の鳴った位置を正確に聞き取れません。それはなぜなのか、またイヤホンとヘッドセットの違いは何なのかを簡単に表すとすれば、以下の画像を見てもらうのが手っ取り早いです。

f:id:deepeequepee:20171010020958j:plain

このようにヘッドセットでは実際に音の鳴った方角だけでなくさらに細かい位置まで分かります。

SteelSeries Arctis 5

『PUBG』をプレイする上で定番製品となった、おすすめのゲーミングヘッドセットを1つ紹介しておきます。

有名ゲーミングデバイスメーカーSteelSeriesから発売されている「Arctis 5」がおすすめです。この製品の強みは、難しい設定は不要でUSB接続するだけですぐに使用できるところ。以下が仕様・スペックとなります。

  • 7.1ch サラウンド対応ヘッドセット
  • 300$級のヘッドセットに使われるドライバー使用
  • 再生周波数帯域:20~22000Hz
  • インピーダンス:32Ω
  • ヘッドフォン感度:98db
  • 接続方式:USB/3.5mm4極

これだけのスペックで約10,000円で購入でき、初めてのゲーミングヘッドセットとして非常に優れた製品と言えます。7.1chサラウンドに対応しているので、先ほど解説したように音の鳴った位置が正確に聞き取れます。また収納可能なマイクはノイズキャンセリング搭載で、クリアで高音質な仕様となっています。

DeToNatorのストリーマーである「StylishNoob」がおすすめしたことでも有名な製品ですね。多くのPUBGプレイヤーに使用されながら高い評価を得ている製品ですので、安心して購入できます。

ゲーミングヘッドセットをもっと見る

PUBGにおすすめのゲーミングヘッドセットをさらに見たい人は、こちらの記事を参考にしてください。

関連記事:【PUBG】K/Dや勝率が上がる!おすすめのゲーミングヘッドセットを使って音を正確に聞こう

PUBGにおすすめのゲーミングマウス

マウスの使い心地に関してはそれぞれの好みで変わってくるので、どれがPUBGに最適かは一概に言えませんが、正確なAIMや操作を要求されるので良いゲーミングマウスを使っておきたいところ。以前にDeToNatorのストリーマーであるStylishNoobがおすすめしていた製品を紹介しておきます。

SteelSeries Rival 300

SteelSeriesから発売されている人気製品「Rival 300」のWhiteモデルです。Whiteは表面が滑りづらいツルツルした素材が使用されており、逆にBlackの表面はマットな仕様となっているようです。以下が仕様・スペックとなります。

  • センサー:光学式(PixArt S3059-SS)
  • 解像度:最大6500dpi
  • トラッキング速度:140ips
  • 最大加速度:20G
  • ボタン数:(ホイールボタン含めて)6個
  • サイズ:幅67mm 奥行120mm
  • 重量:120g

左右非対称の形状をしており、かぶせ持ちに適しているゲーミングマウスと言えます。SteelSeriesのRivalシリーズは根強い人気を誇っており、世界中のプロプレイヤーにも愛用されている製品ですね。

ゲーミングマウスをもっと見る

こちらでは予算4,000円という比較的安価で購入でき、かつ本格的なゲーミングマウスを紹介しています。初めてのゲーミングマウス選びの参考にしてもらえるとありがたいです。

関連記事:【予算4,000円】安いのに機能性は抜群!初心者におすすめゲーミングマウスを厳選して紹介

また幅広い価格帯のゲーミングマウスを紹介した記事もあります。価格の割に性能が高い(=コスパが良い)製品を厳選しているので、きっと好みのものが見つかると思います。こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事:【2018年最新版】あらゆるゲーマーにおすすめできるコスパが良いゲーミングマウスまとめ

PUBGにおすすめのゲーミングキーボード

死んだら負けの『PUBG』では、操作ミスは絶対に避けたいところ。遅延無く反応速度が速いゲーミングキーボードを使用してプレイしましょう。Cherry MX Redを採用していて非常に打ちやすく、多くのプレイヤーが愛用している製品を紹介しておきます。

SteelSeries Apex M500

SteelSeriesから発売されている「Apex M500」は、数多くのプロゲーマーやストリーマーに愛用されています。打ち心地が非常に良く、軽いキータッチで正確な入力が可能です。以下が仕様・スペックとなります。

  • Cherry MX Red採用 赤軸メカニカルキーボード
  • フルアンチゴースト,全キーの同時押しに対応
  • 全てのキーをカスタマイズ,マクロ設定が可能
  • 本体サイズ 幅440mm 奥行136㎜ 高さ39mm

ゲームに便利な機能が詰まった本格的なゲーミングキーボードとなっています。またゲームだけでなく、デスクワークなどにも使用されるほど扱いやすい製品でもあります。

ゲーミングキーボードをもっと見る

予算4,000円で購入できる、ゲームに便利な機能が揃ったエントリー向けのゲーミングキーボードを集めてみました。初めてのゲーミングキーボード選びの参考にしてみてください。

関連記事:【予算4,000円】安いのに機能性は抜群!初心者におすすめゲーミングキーボードを厳選して紹介

またエントリー向けからハイエンドモデルまで様々な価格帯のゲーミングキーボードを紹介している記事も。こちらも価格の割に性能が高い(=コスパが良い)製品を厳選して紹介しているので、ゲーミングキーボードを探している人はぜひ目を通してみてください。

関連記事:【2018年最新版】あらゆるゲーマーにおすすめできるコスパが良いゲーミングキーボードまとめ

コメント

*

Return Top