DPQP

国内外のゲーム攻略情報 & ゲーム周辺機器レビュー

【PUBG】テストサーバーが1/19より4日間オープン:ブルーゾーンの調整,チーターへの対応に関する発表も

【PUBG】テストサーバーが1/19より4日間オープン:ブルーゾーンの調整,チーターへの対応に関する発表も

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』テストサーバーが1月20日より4日間オープンされます。パッチノートによると、電磁パルス(ブルーゾーン)に関する調整のテストが行われるようです。

さらに新しいチートツールのパターンが発見されていることを明かし、不正ソフトウェアを使用しているプレイヤーへの今後の対応に関する発表もありました。

電磁パルスのバランス調整

1月20日より4日間、テストサーバーにて電磁パルスのバランス調整に関するテストが行われます。この内容がライブサーバーにそのまま反映されることはなく、バランス調整はまだテスト段階にあるとのことです。

  • プレイ後半の電磁パルスが止まっている待機時間が減少しました。
  • プレイ後半の電磁パルスの移動速度が減少しました。(狭くなるスピードを減少し、移動に費やせる時間を少し増加しました。)
  • 最後の電磁パルスのダメージが増加しました。
チート使用者への今後の対応
  • 今週だけでプレイヤー1,000万人分のゲームプレイデータを調査し、数千万のデータログ分析を完了しました。
  • その中でおよそ10万件のチートツール使用パターンを発見し、挙動の正確性からチート使用が疑われる現象を確認しました。
  • 該当行為が確認されたプレイヤーは、一斉にゲームプレイを制限する予定。
  • デスカメラやリプレイシステムには、チートツールを使用していない場合でも銃の反動が無いようにみえる不具合が確認されています。早急に修正及び改善する予定です。

情報元:Steam

コメント

*

Return Top