DPQP

ゲーミング周辺機器のリリース情報 & 実機レビュー

【PUBG】テストサーバーPC1.0のアップデート第1弾の情報公開,ついに乗り越え・よじ登り機能が導入

【PUBG】テストサーバーPC1.0のアップデート第1弾の情報公開,ついに乗り越え・よじ登り機能が導入

来週にテストサーバー向けPC版1.0の第1弾アップデートが行われる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』ですが、第1弾アップデートの変更内容がアナウンスされました。

前から予告されていたオブジェクトの乗り越え・よじ登り機能を主に、さらなるクライアントやサーバーの最適化、車両の運転に関する変更、弾道に関する変更を予定しているようです。

アナウンスされたアップデート内容を和訳しておいたので以下からどうぞ。

PC版「PUBG 1.0」第1弾アップデートの概要

  • 「PUBG 1.0」第1弾アップデートの配信は来週を予定している
  • 来週初めにもパッチノートを公開する予定
  • これらは最初のテストに過ぎないので、まだ修正されていない問題やバグがある
  • テスト後のフィードバックを通してそれらの問題に対処するために最善を尽くす

 

PC版「PUBG 1.0」第1弾アップデートの主な変更点

  • クライアント・サーバーの最適化
  • 乗り越え・よじ登りアクションの追加
  • 車両の運転に関する変更
  • 弾道オーバーホール

 

オブジェクトの乗り越え・よじ登り機能について

  • PUBGはかなりの割合でプレイエリアが存在しており、地図上のオブジェクトはそれぞれ形状とサイズが大きく異なるので、動的な乗り越え・よじ登り動作の仕組みを実装することに決めた
  • この機能によってゲーム内のキャラクターは、手前のオブジェクトを素早く乗り越えることができる
  • 当初は最大1mのオブジェクトを超えられるように設計する計画でしたが、最終的には約2.3mまで乗り越えられるように機能が拡張された
  • 民家の窓などの開口部を通過することも、それらが十分な高さと幅があれば可能である
  • 高いオブジェクトを乗り越える場合、両手でよじ登る動作が必要なので、構えていた銃や手に所持していたアイテムなどは一度ホルスターに収納される
  • 障害物に向かって走ることで、乗り越えアクションも素早く適用される
  • 静止した状態で乗り越えアクションを行うと、一連の動作は遅くなり、プレイヤーが危険にさらされる時間が長い
  • 技術的側面では、オブジェクトの乗り越え・よじ登りシステムは約40のアニメーションで構成されている
  • オブジェクトの乗り越え・よじ登りは、デフォルト設定ではジャンプと同じSpaceキーを使用しているが、オプションから別のキーに割り当てることも可能
  • システムの性質上、問題やバグが発生する可能性があるが、ぜひ意見や報告をもらいたい
  • 今後数日のうちに、他の重要な変更についても情報を公開する予定

情報元:Steam

コメント

*

Return Top